TOP > 在学生のみなさんへ

在学生のみなさんへ

龍谷ミュージアム館長龍谷ミュージアムは、龍谷大学の「教育・研究・社会貢献」をすすめていくための施設として、大学のさまざまな研究成果を発信するとともに、各分野の壁を越えた横断的な研究や国内外の大学研究機関との交流を推進しています。
教育においては、「博物館学芸員課程」の学習・実習の場とするほか、「仏教の思想」をはじめとして、講義内容の理解を深めるため、展示資料などを用いた教育を推進しています。
研究においては、仏教文化を中心とした文化財や学術資料の「収集・整理・保存」「調査・研究」「展示・公開」などの諸活動を推進し、その研究成果を展示(常設展、特別展など)や図録、講演、講座などを通じて学内外に発信しています。
龍谷ミュージアムには、これらの活動を行うため、学術資料を適切な環境で保存する収蔵庫、学芸員をはじめ研究プロジェクトメンバーが学術資料を調査・研究する共同研究・資料室、その研究成果を展示・公開するとともに、学生の皆さんが実習・講義を受ける場である実習室(展示室)、講義や演習ならびに展示解説などを行う101講義室、高精細な映像を上映できるシアター形式の視聴覚教室(ミュージアムシアター)などが備わっています。
インドで誕生した仏教が、北方ルート及び南方ルートを経由して、中国・朝鮮半島を通って日本へ伝来した際の各地域における仏教伝播の様相、日本における仏教の広がりや歴史を分かりやすく紹介していますので、是非、足を運んでみてください。仏教の違った一面に出会えることを期待しています。

101講義室
1階に設置された教室です。机や椅子の配置を変えることで、スクール形式の講義でも、少人数の演習などにも利用ができます。

<設備>
移動机(最大42席)、椅子(最大80脚)、プロジェクター、スクリーン、PC接続可、ホワイトボード

101講義室

視聴覚教室
高精細な映像を上映できるシアター形式の教室で、本学およびミュージアムの研究成果(映像教材)を視聴することができます。
また、学修成果のプレゼンテーションも行えます。

<設備>
座席47席、4Kプロジェクター、スクリーン、PC接続可

視聴覚教室(ミュージアムシアター)

展示教室【常設展示のコンセプト】

2階展示室を「アジアの仏教」、3階展示室を「日本の仏教」とし、仏教の誕生と広がりをたどっていきます。

2F:<アジアの仏教>
インドでの仏教誕生からを紹介する「釈尊の生涯と教え」から、中央アジアを経て日本に伝来する「仏教伝播の道」をテーマに展示します。また、仏教東漸の軌跡をたどる学術調査を日本で最初におこなった大谷探検隊のコレクションも展示します。

2F展示室

3F:<日本の仏教>
日本に伝来した仏教がどのように広がったのか、宗派の違いやその教えなどを紹介する「日本の仏教」、「親鸞の生涯と教え」から浄土真宗の展開、西本願寺の歴史を紹介する「親鸞聖人と浄土真宗」をテーマに展示します。また、寛永16(1639)年に西本願寺の学寮として創設された龍谷大学の歴史も紹介します。

3F展示室

龍谷ミュージアムにおける授業休止の取扱基準

ストライキ等により交通機関が不通となった場合や、台風による暴風警報が発令された場合は、龍谷大学の授業休止の取扱基準に従ってください。

ページトップ