TOP > インフォメーション > 記念講演会を開催しました(6/2)

インフォメーション

記念講演会を開催しました(6/2)

2019年6月2日

文献を用いて説明される長村祥知講師

 今日(2日)の京都は曇が低く垂れ込む一日となりました。さて、当ミュージアムで好評開催中の企画展「因幡堂 平等寺」も終盤にさしかかり、仏教美術ファンらでにぎわっております。
 本日は、本展図録に総論:因幡堂平等寺の歴史を執筆いただきました京都文化博物館の長村祥知氏をお招きし、龍谷大学大宮学舎清和館3階ホールで記念講演会を開催しました。平安中期の貴族私邸に始まり、天台宗や修験道本山派に連なり、現在、真言宗智山派に属する因幡堂の歴史を、多くの文献とわかりやすい図で説明をしていただきました。
 橘行平の私邸としての草創期や、幾度となく火災に遭われた歴史、また、聖護院の末寺としての関わりなど、因幡堂の多面的な歴史の一端に触れる機会となり講演会終了後も、長村講師に質問する方が講師を取り囲んでいらっしゃいました。
 本企画展の会期は残すところあと1週間となりました。どうかお見逃しなく…。

ページトップ