TOP > インフォメーション > 特別展「水 神秘のかたち」の開会式と特別内覧会を実施しました!

インフォメーション

特別展「水 神秘のかたち」の開会式と特別内覧会を実施しました!

2016年4月8日

浄土真宗本願寺派前御門主の大谷光真・龍谷ミュージアム名誉館長からごあいさつ
主催者と特別協力者の代表によるテープカット
3階での展示作品に見入るご招待の方々

 昨日の激しい風雨で洛中の桜は乱れ散ったようですが、この週末はまだ花見が楽しめそうだとか…。さて本日(8日)、多くの寺院では釈尊のご誕生をお祝いする『花まつり』行事が営まれましたが、当ミュージアムでは春季特別展「水 神秘のかたち」の開会式と特別内覧会を行いました。開会式の冒頭、主催者の代表として龍谷大学・赤松徹眞学長が「水に込められた願いや祈りを表した古代から中世の絵画、彫刻、典籍などの名品をご紹介しています」とあいさつ、続いて昨年8月に当ミュージアムの名誉館長にご就任いただきました浄土真宗本願寺派前御門主の大谷光真様から「水を通してさまざまな角度から仏教文化に触れてください」と丁重なお言葉を頂戴しました。その後、関係者によるテープカットが行われ、特別内覧会へと移りました。なお開会式の司会進行は、本学学友会放送局所属の理工学部3回生の田中至君が務めてくれました。
 内覧会場では、波のうねりが特徴の《日月山水図屏風》や広報用のポスターやチラシのメーンで使用している《弁才天坐像》などがお招きした約150人の注目を集め、清らかな水が生んだ多様な神秘のかたちをお楽しみいただきました。
 いよいよ明日(9日)から一般公開です。明日と明後日(10日)は、本特別展のオープニング記念として、オリジナル・ポストカード2枚セットを先着100名様にプレゼントいたします。どうかお早めにお越しください。なお会期中には、記念シンポジウムや講演会、ギャラリートーク、ミュージアム・コンサートなど多彩なイベントを開催します。皆さまのご参加をお待ちしております。

ページトップ