TOP > インフォメーション > 特別展「水 神秘のかたち」の第2回記念講演会を開催!

インフォメーション

特別展「水 神秘のかたち」の第2回記念講演会を開催!

2016年4月24日

画像を通して解説する入澤教授(右端)

 本日(24日)の京都は好天に恵まれ、当ミュージアムには遠方からも多くの方々にご来館をいただきました。特別展「水 神秘のかたち」の会期中には多彩な関連イベントを実施いたしますが、この日は2回目となる記念講演会を龍谷大学大宮学舎清和館で開催いたしました。龍谷大学文学部長で当ミュージアム前館長の入澤崇教授が「インドの“水”信仰と仏教」と題して、特別展に出品されている弁才天や宇賀神は古代インドにおける民間信仰が源流となって造形化されたものであると指摘。龍神のルーツである水神ナーガとストゥーパ(仏塔)の関係を深く掘り下げ、舎利容器と宝珠の作例にも触れながら多方面にわたって詳しい解説をいただき、さらには参加者から次々と質問が寄せられるなど、実り多い講演会となりました。
 関連イベントはまだまだ続きます。特別展の鑑賞とあわせてお楽しみください。

ページトップ