TOP > インフォメーション > 特別展「水 神秘のかたち」で展示替えがありました!

インフォメーション

特別展「水 神秘のかたち」で展示替えがありました!

2016年5月9日

紅と緑の配色と精緻で華やかな刺繍が目を引く《能装束 段流水海松貝模様縫箔》

 休館日となった9日、特別展「水 神秘のかたち」は大幅な展示替え作業が行われました。会期中は全作品を一堂にお見せしたいのですが、作品の保護のため、また所蔵者との取り決めなどから、やむなく展示替えをすることになりました。ご了承願います。
 10日からの後期展で新たにお目見えしたのは、琵琶湖に浮かぶ弁才天の聖地・竹生島(ちくぶしま)を描いた《竹生島弁才天像》や降雨を祈る修法「水天供(すいてんく)」の本尊とされた重要文化財指定の《水天像》、渦巻く水を表した地紋に海草や貝を刺繍であしらった《能装束(のうしょうぞく)段流水海松貝模様縫箔(だんりゅうすいみるがいもようぬいはく)》など約40件。水に込められた願いや祈りから育まれた絵画や彫刻、工芸品などを多岐にわたって紹介しており、後期展も見どころ満載です。前期展をご覧になった方も見逃した方もお楽しみいただける内容となっています。今月29日までの開催です。お早めにお越しください。

ページトップ