TOP > インフォメーション > 特別展「水 神秘のかたち」関連イベント スペシャルトークを開催いたしました。

インフォメーション

特別展「水 神秘のかたち」関連イベント スペシャルトークを開催いたしました。

2016年5月14日

水にまつわる様々な神仏の紹介を熱心に聴く参加者の皆さん
弁才天を祀る4大聖地を解説する石川副館長(中央)

 本日(14日)、京都は昨日に続き暑い1日となりましたが、多くの方々が特別展「水 神秘のかたち」に足を運んでいただきました。
 午後には、特別展「水 神秘のかたち」の関連イベントとして、石川知彦副館長による「スペシャルトーク」を実施しました。「水のほとけ・水の神」と題し、水にまつわる様々な神仏の紹介を多目的室で行ったあと、2階、3階展示室に上がりました。展示室では、《弁才天立像》、《宇賀神像》、《善女龍王像》、《水天像》、《孔雀明王像》など水にまつわる神仏の前で作品制作の歴史的背景や意義を解説しました。弁才天に関しては、弁才天を祀る4大聖地(江島、竹生島、天川、厳島)を取り上げ、各地の特色やこれにまつわる作品の謂われなど、各地を対比させながら解説を行いました。40名近い参加者は盛んにメモを取りながら熱心に耳を傾けておられました。参加いただいた方々には鑑賞の手引きとなったことと思います。
 本展も残すところあと約2週間となりました。お見逃しのないように…。

 本展に関する詳しい情報は、特別展「水 神秘のかたち」専用ページをご覧ください。

ページトップ