TOP > インフォメーション > 来年1月8日まで休館いたします

インフォメーション

来年1月8日まで休館いたします

2016年12月1日

 第25代専如門主 伝灯奉告法要を記念して9月24日から開催しておりました特別展「浄土真宗と本願寺の名宝T」―受け継がれる美とこころ―は、3万人を超える方々にご観覧いただき、11月27日、好評のうちに閉幕いたしました。アンケートには「国宝・三十六人家集が見ることができて感激した」、「歴代宗主の影像が興味深かった」などの言葉をお寄せいただきました。続編となる「浄土真宗と本願寺の名宝U」―守り伝える美とおしえ―は、来年3月4日から6月11日までの開催となります。ご期待ください。
 当ミュージアムは、メンテナンスや次の展覧会の準備作業などで来年1月8日まで休館いたします。1月9日から2月19日までは平常展「仏教の思想と文化 インドから日本へ」(第2期)と題し、インドで生まれた仏教がアジア各地に広まり日本へ至るまでの約2500年の歩みをダイジェストで紹介いたします。さらに特集展示「追慕抄 九條武子」を同時開催し、真宗婦人会(現・仏教婦人会総連盟)の近代化に対して重責を担い、関東大震災における救援・慈善活動に尽くした九條武子の自筆絵画や肖像写真、記録フィルムなどでその生涯をたどります。
 なお開幕日の1月9日と翌日の10日、いずれも午前10時から当ミュージアム正門付近で「2017年新春 ふるまい昆布茶」を行います。なくなり次第終了いたしますが、どうか昆布茶で暖を取っていただき、展覧会をお楽しみください。

ページトップ