TOP > インフォメーション > 「第2回学芸員トーク」を開催!

インフォメーション

「第2回学芸員トーク」を開催!

2017年1月21日

九條武子の生涯を解説する村松学芸員(中央)

 昨日(20日)は暦の上で1年のうち最も寒いとされる『大寒』でしたが、本日は冬型の気圧配置が強まり京都も寒気が広がりました。
 さて、開催中の平常展「仏教の思想と文化 インドから日本へ」と特集展示「追慕抄 九條武子」では、仏教の誕生から2500年の流れと慈善活動に尽くした九條武子の生涯をご覧いただいておりますが、本日午後、関連イベントの「第2回学芸員トーク」を開催しました。
 今回のトークを担当した村松加奈子学芸員は、画像を通して九條武子の生い立ちや功績のみならず、画家、歌人としての側面も紹介したのち、「日本の仏教」のコーナーで自ら展示作業を行った「仏像雛形」を一押しに挙げ、仏像の制作過程などを解説しました。
 40分足らずのトークでしたが、密度の濃い内容となり、聴講いただいた皆さまは再度、足早に展示室へ向かっておられました。
 この学芸員トークは1月28日、2月4日・11日(いずれも午後1時30分から)にも行われます。トークの内容は毎回異なりますので、それぞれの専門分野の解説がお聴きいただけます。次回以降のご参加をお待ちしております。なお、参加には観覧券(すでにご覧になった方は、その半券)が必要です。

ページトップ