TOP > インフォメーション > 第2回記念講演会を開きました!

インフォメーション

第2回記念講演会を開きました!

2017年4月10日

画像を通して熱く語る入澤学長

 京都市の中心部・円山公園や東寺、清水寺、醍醐寺などの寺院では桜が満開とか…。今後しばらくは各地でお花見が楽しめそうです。
 さて好評をいただいております特別展「浄土真宗と本願寺の名宝展Ⅱ―守り伝える美とおしえ―」は、既報の通り7日から中期に入りましたが、引き続き多くの関連イベントが予定されております。昨日(9日)は、2回目となる記念講演会を龍谷大学大宮学舎清和館3階ホールで行いました。この日は、4月1日に第19代龍谷大学学長に就任されたばかりの入澤崇先生がご登壇され、「明如上人と鏡如上人―大谷探検隊誕生秘話―」と題して講演いただきました。
 入澤学長は、本願寺22代明如上人(大谷光尊)が展開した教育改革や学術による仏教の復興と人材の育成を目指して浄土真宗僧侶を西欧に派遣したその功績を紹介したのち、3度にわたり中央アジアやインドなどに送り込んだ『大谷探検隊』の指揮をとった23代鏡如上人(大谷光瑞)の世界に向けた研究発信の成果について詳しく解説されました。膨大な資料や写真を通して熱弁をふるっていただきましたが、トークは多岐にわたり密度の濃い“充実の90分間”でした。 
 記念講演会は会期中、あと3回開かれます。次回以降の日程、講師、演題などの詳細は特別展「浄土真宗と本願寺の名宝Ⅱ」関連イベントページをご覧ください。多数のご参加をお待ちしております。

ページトップ