TOP > インフォメーション > 第2回ミュージアムコンサートを開催しました!

インフォメーション

第2回ミュージアムコンサートを開催しました!

2017年5月4日

『邦楽の調べ』を届けてくれた3人の龍谷大学の学生=左から平澤京香さん(文学部3回生)、井出菜奈子さん(社会学部3回生)、藤本英暉君(文学部3回生)

 GWは後半に入り、京都駅は朝から多くの観光客らで賑わっていました。当ミュージアムで開催中の特別展「浄土真宗と本願寺の名宝U―守り伝える美とおしえ―」も、この大型連休中には大きな荷物を抱えた遠方からのご来館者が目立ちます。
 好天に恵まれた本日(4日)の午後、特別展関連イベントのひとつ、第2回ミュージアムコンサートを地下1階エントランスホールで開きました。出演したのは龍谷大学邦楽部の3人で、箏(こと)、三味線、尺八、十七絃箏を持ち込んでの演奏となりました。三味線の独奏による杵屋正邦作曲の「風」で始まり、尺八と三味線の二重奏での和田薫作曲の「和楽」、最後は昭和の名曲「川の流れのように」を箏、尺八、十七絃箏の三重奏で締めくくり、ミュージアム全体が“和の音色”に包まれました。
 邦楽部幹事長の井出菜奈子さんは、「緊張感でいっぱいでしたが、何とか最後はそれぞれの楽器の音を合わせることができました」と安堵の色を浮かべていました。
 今後の関連イベントは、記念講演会が2回、学芸員らによるスペシャルトークが2回、ワークショップが1回あります。参加方法など詳細は特別展「浄土真宗と本願寺の名宝U」関連イベントページをご覧ください。

ページトップ