TOP > インフォメーション > 大幅な展示替えがありました!

インフォメーション

大幅な展示替えがありました!

2017年5月9日

新たにお目見えした「本願寺聖人親鸞伝絵」巻下 大阪・天満定専坊蔵

 休館日となった昨日(8日)、特別展「浄土真宗と本願寺の名宝U―守り伝える美とおしえ」の展示作品のうち約50件の入れ替え作業が行われました。
 後期展として本日から新たに登場したのは、親鸞聖人の姿などが堅実な筆致で丹念に描き込まれ、重要文化財にも指定されている「本願寺聖人親鸞伝絵」や、背後に蓮華が配され真正面を向いて端坐する親鸞聖人を描いた「親鸞聖人華御影」、6歳の蓮如の姿を表した「蓮如影像(鹿子御影)」などなど…いずれも本願寺と浄土真宗本願寺派の寺院の名宝ばかりです。
後期展にもぜひ足をお運びください。
 なお今後も、会期終了まで展示作品は少し入れ替わりますが、国宝「三十六人家集」はページが替わるわるものの常時2帖ずつ公開され、いよいよ24日から8日間の期間限定で国宝「安城御影 副本(親鸞聖人御影)」の特別公開となります。ご期待ください。

ページトップ