TOP > インフォメーション > 第4回スペシャルトークを開催しました!

インフォメーション

第4回スペシャルトークを開催しました!

2017年6月3日

木田館長のスペシャルトークでは多くの画像や資料を通して行われました

 昨年10月から本願寺で10期80日間にわたって修められてきた「第25代専如門主 伝灯奉告法要」は、5月31日にご満座(最終)を迎えました。期間中は約15万人の参拝があったそうです。
 この法要に合わせて開催している特別展「浄土真宗と本願寺の名宝U―守り伝える美とおしえ」では、様々な関連イベントを展開して参りましたが、3日が最終回の「スペシャルトーク」となりました。大トリを務めましたのは当ミュージアムの木田知生館長で、「中国浄土宗の祖師祖庭と諸文献」と題し、本特別展に出陳されている「天竺震旦高僧連坐像(てんじくしんたんこうそうれんざぞう)」(福島・善性寺蔵)を例に挙げながら、インドと中国の浄土教祖師などの解説がありました。40人近くの聴講者の皆さまは、中国近世史を専門とする木田館長ならではの含蓄に富むトークに聴き入っておられました。
 本展の会期も残すところ1週間となりました(5日は休館)。浄土真宗本願寺派寺院と本山本願寺が守り伝えてきた貴重な法物や名宝の数々を是非ご覧ください。

ページトップ