TOP > インフォメーション > 記念講演会「地獄絵ワンダーランドへの道」を開催!

インフォメーション

記念講演会「地獄絵ワンダーランドへの道」を開催!

2017年10月1日

講師の矢島新 跡見学園女子大学文学部教授
講師の矢島新 跡見学園女子大学文学部教授
題目は「地獄絵ワンダーランドへの道」
題目は「地獄絵ワンダーランドへの道」
参加者は130名を越えました。
参加者は130名を越えました。

 当ミュージアムで好評開催中の特別展「地獄絵ワンダーランド」の関連イベントとして、跡見学園女子大学の矢島新教授を講師にお迎えし、本日(10月1日)、記念講演会を龍谷大学清和館3階ホールで行いました。

 「地獄絵ワンダーランドへの道」と題して、矢島教授からインドで生まれた「地獄」の概念が中国や日本へと伝え広がる中でどのような変化があったのか、また日本の平安時代から江戸時代後期まで変遷の中で絵画と仏像にどのような特徴をもって表されてきたのか、などについて解説をいただきました。
 同じモチーフの地獄絵でも、武士の世・鎌倉時代では写実性が高められた一方、江戸時代前期以降は主に庶民を対象として描かれたものであることから、明るさやコミカルさ、素朴な表現が豊かになった、などと述べた講演に、130名を超える参加者は熱心にメモをとりながら耳を傾けていました。この講演会へのご参加を通じて、展覧会の魅力をより豊かにお届けできたことと思います。

 今後、特別展の関連イベントとして、当ミュージアム館長や副館長、学芸員によるスペシャルトークとギャラリートーク、謎解きゲーム、龍谷大学落語研究会による寄席などを開催します。各イベントの参加方法や詳細は、特別展「地獄絵ワンダーランド」の関連イベントページをご覧のうえ、ぜひご参加ください。

ページトップ