TOP > インフォメーション > 後期展示が始まりました!

インフォメーション

後期展示が始まりました!

2017年10月17日

展示替えされた《六道絵》(右から『阿修羅道』、『人道』、『天道』)
赤い髪が逆立ち,口から青色の火焔を吐き出す姿が印象的な《焔口餓鬼図》

 京都は、先週末から今朝まで冷たい雨が降り続きましたが、ようやく本日(17日)午後には晴れ間が見られました。当ミュージアムでは休館日となった昨日、20件を超える作品の展示替え作業を行い、本日から後期展示がスタートしました。
 後期展示では、滋賀・新知恩院に伝わり国の重要文化財に指定されている《六道絵》が『阿修羅道』、『人(にん)道』、『天道』の3幅に入れ替わったほか、《地蔵菩薩・閻魔(えんま)・司命(しみょう)図》(愛知・地蔵寺蔵)や《焔口(えんく)餓鬼図》(京都・六道珍皇寺蔵)、河鍋暁斎(かわなべ・きょうさい)筆の《閻魔・奪衣婆(だつえば)図》(林原美術館蔵)などが新たに登場いたしました。日本の地獄思想の原点から、地獄の光景や勢揃いした地獄のオールスターズの姿、近世以降に描かれた素朴でユーモラスな地獄絵までを紹介するこの後期展示も見どころ満載です。
 なお、後期展示のオープンを記念して先着100名様のご希望者にご用意いたしました本特別展広報用のB3サイズのポスターの配布は、本日、2時間足らずで終了しました。このプレゼントは、20日まで行いますので、お早めのご来館をお勧めします。
 展示替えリストは下記からご覧ください。

ページトップ