TOP > インフォメーション > 特別展「地獄絵ワンダーランド」の入場者数が2万人に達しました!

インフォメーション

特別展「地獄絵ワンダーランド」の入場者数が2万人に達しました!

2017年11月1日

2万人目となった大内さんご夫妻に木田館長から図録や記念グッズが贈られました(3階展示室前で)

 京都の朝はここ二、三日、かなり冷え込んで参りました。特別展「地獄絵ワンダーランド」を開催中の当ミュージアムは、この寒さを吹き飛ばすかのように多くのご観覧の皆さまの熱気に包まれておりますが、本日(11月1日)午後、入場者数が2万人を突破しました。
 2万人目の入場者となりましたのは、京都府南丹市からお越しの大内常雄さん、康子さんのご夫妻で、当ミュージアム・木田知生館長から特別展の図録のほか記念オリジナルグッズセットがプレゼントされました。
 ご夫妻は、駅に掲出されていたポスターをご覧になって本特別展をお知りになり、本日、西本願寺の参拝のあと来館いただきました。2万人目と告げられたご主人は「歴史や仏教美術に興味があってたびたび展覧会に足を運びますが、節目の入場者になるとは驚きの一言。子どものころ、悪いことをするとこんな怖い地獄へ落ちると両親らに教えられたこと思い起こして、じっくり観覧したい」と述べておられました。
 本特別展の会期は、閉幕の11月12日まであと10日間となりました(6日〈月〉は休館)。会期末は混雑が予想されますので、お早めのご来館をお勧めいたします。

ページトップ