TOP > インフォメーション > 「ナイトミュージアム-夜間開館と学芸員のシゴト・トーク-」を開催しました!

インフォメーション

「ナイトミュージアム-夜間開館と学芸員のシゴト・トーク-」を開催しました!

2018年2月10日

本日の京都は雨が降ったりやんだりの生憎の空模様でした。本館では現在開催中のシリーズ展「仏教の思想と文化/マンダラのほとけと神」の関連イベント「ナイトミュージアム-夜間開館と学芸員のシゴト・トーク-」を開催しました。
このイベントは、国際博物館会議(ICOM)京都大会開催記念「ナイトミュージアム京都~夜の展示室はワクワクがいっぱい~」の連携企画として開催するもので、多方面で広報されていたことから大変多くの方々にご参加いただきました。(定員に達してご参加いただくことができなかった方々、大変申し訳ありませんでした)
学芸員のシゴト・トークでは、本館の副館長である石川知彦学芸員が自身の約35年の学芸員経験に触れながら普段は聞くことができない苦労話やお金の事情までおもしろおかしく紹介しました。参加者はメモをとりながら大変興味深く聞き入っておられました。その後は展示室へ移動し、学芸員のシゴトの集大成というべき展示内容を身振り手振りを交えながら熱く解説しました。参加された方々は熱い石川学芸員のトークにミュージアムの魅力を再発見する機会となったのではないでしょうか。
シリーズ展は2月12日で前期展示を終了し、展示替えを経て3月3日から後期展示を開催します。是非ご来館いただきますようお願いいたします。

ページトップ