TOP > インフォメーション > シリーズ展(後期)を開催中です!

インフォメーション

シリーズ展(後期)を開催中です!

2018年3月4日

新しくお目見えした『マンダラ』に熱い視線が注がれています

 ここ数日間は日中の気温が上がり、春の陽気が感じられます。
 当ミュージアムは先月13日から休館しておりましたが、昨日(3月3日)からシリーズ展「仏教の思想と文化―インドから日本へ」/特集展示「マンダラのほとけと神」が再開しました。後期となる今回は、3階の作品群が大幅に入れ替わり、京都・二尊院所蔵の「両界曼荼羅」や龍谷大学所蔵の「当麻曼荼羅」、「多武峰曼荼羅」などが新しく登場しました。
 なお3階のミュージアムシアターでは、「二楽荘と大谷探検隊」と「よみがえる幻の大回廊~ベゼクリク石窟~」の2本を30分おきに交互で上映しております。200インチのスクリーンで大迫力の映像をお楽しみいただけます。
 後期展示は今月31日までですが、10日には当ミュージアム・木田知生館長による「スペシャルトーク」を地下エントランスホールで開きます。24日には展示品をご覧いただきながら、石川知彦副館長・学芸員が解説する「ギャラリートーク」も行います。いずれも、聴講は無料で事前の申込みも不要ですが、観覧券の半券が必要(ギャラリートークは当日の観覧券のみ有効)です。多数のご参加をお待ちしております。

ページトップ