TOP > インフォメーション > 特別展「お釈迦さんワールド」の開会式・特別内覧会が行われました!

インフォメーション

特別展「お釈迦さんワールド」の開会式・特別内覧会が行われました!

2018年4月20日

入澤学長が主催者代表あいさつ
大谷名誉館長からお言葉をいただきました
主催、特別協力の各代表者7名によるテープカット
約160名が特別内覧会にお越しいただきました

 本日(20日)の京都は日差しが降り注ぎ、汗ばむほどの一日となりました。この日、当ミュージアムでは約160名の招待者をお迎えして、特別展「お釈迦さんワールド ―ブッダになったひと―」の開会式と特別内覧会を行いました。
 開会式では、主催者を代表して龍谷大学・入澤崇学長が「わが国では約20年ぶりとなるお釈迦さんに焦点をあてた本格的な展覧会をお楽しみください」とあいさつののち、浄土真宗本願寺派の前御門主、本願寺前御住職で当ミュージアム名誉館長をお務めの大谷光真様から「お釈迦さまの人間としての姿に触れながら、仏教に親しみを感じて欲しい」とのお言葉を寄せていただきました。主催、特別協力の代表者によるテープカットが行われ、出席の皆さまは展示室へ足早に進まれました。なお開会式の司会進行は、本学学友会放送局所属、文学部3回生の水野伸哉君が務めてくれました。
 特別内覧会では、お釈迦さんが描かれた掛け軸や浮彫、小ぶりながらもひときわ存在感を放つ誕生仏などに注目が集まっていました。ある参加者は「ポップなポスターにそそられて来ましたが、お釈迦さんの生涯やのちに及ぼした影響などがイラストを交えながらわかりやすく紹介されていて満足しました」と感想を述べておられました。
 いよいよ明日から一般公開となります。皆さまのお越しをお待ちしております。また写真撮影が可能なスポットが4か所ありますので、ぜひご活用ください。

ページトップ