TOP > インフォメーション > 記念シンポジウム「開祖の生涯の可視化と儀礼空間」を開催!

インフォメーション

記念シンポジウム「開祖の生涯の可視化と儀礼空間」を開催!

2018年4月28日

 当ミュージアムで好評開催中の特別展「お釈迦さんワールド」の関連イベントとして、西谷 功 氏(泉涌寺心照殿 学芸員)、大野 陽子 氏(群馬県立女子大学文学部准教授)、田中 健一 氏(文化庁美術学芸課文化財調査官)、森實 久美子 氏(九州国立博物館主任研究員)、岡本 健資(本学政策学部准教授)を講師にお迎えし、本日(4月28日)、記念シンポジウムを龍谷大学清和館3階ホールで行いました。

 西谷 功 氏による基調報告「釈迦をめぐる儀礼とその空間」に続き、テーマ報告として、大野 陽子 氏から「キリスト伝の可視化とその変容」、岡本 健資から「一代記的な仏伝文献の成立と仏伝図」、田中 健一 氏から「唐代以前の中国の仏伝図」、森實 久美子 氏からは「涅槃会と四座講式」をテーマにご報告いただきました。最後にはテーマ報告者による討論会もおこなわれ、必死にメモをとられている参加者の姿が印象的でした。

 今後、特別展の関連イベントとして、記念講演会、月夜のミュージアム落語「落語会&噺家ギャラリーナビゲート」、ワークショップ「写仏散華をつくろう!」、紙芝居屋ガンチャンの紙芝居ショー!!など、様々なイベントを開催します。各イベントの参加方法や詳細は、特別展「お釈迦さんワールド」の関連イベントページをご覧の上、是非、ご参加ください。

ページトップ