Need Help?

Ryukoku Museum

龍谷ミュージアム

展覧会情報

最新情報

<秋季特別展> 「アジアの女神たち」

2021年9月18日(土)~ 11月23日(火・祝)

女神は、豊饒・音楽・文芸・吉祥などを司る存在として、あるいは残虐な戦闘のシンボルとして、世界各地で信仰されてきました。仏教にも様々な女神が登場し、その多様性は仏教文化の豊饒さとも重なり合っています。本展では、仏教はもちろん、アジア各地の宗教美術に登場する多様な女神の姿をご紹介します。

展覧会の詳細はこちら >

ヴァイシュナヴィー立像 アフガニスタン 8~9世紀頃ヴァイシュナヴィー立像
アフガニスタン
8~9世紀頃


<シリーズ展11> 「仏教の思想と文化 -インドから日本へ-
特集展示:仏像ひな型の世界Ⅲ 」

2022年1月 9日(日)~ 2月13日(日)
2022年2月19日(土)~ 3月21日(月・祝)

多くの仏像がつくられた江戸時代は、飛鳥時代より蓄積されてきた仏像の図像や様式、技法が熟成して花開いた時代です。その造像活動の中心を担った京都仏師たちが使用したのが「雛型」。仏師の舞台裏を支えた雛型特集の第3弾です。

展覧会の詳細はこちら(準備中)

山王権現坐像 江戸時代(18~19世紀)山王権現坐像
江戸時代(18~19世紀)