Need Help?

Ryukoku Museum

龍谷ミュージアム

秋季特別展「アジアの女神たち」

新型コロナウイルス感染拡大防止のご理解とご協力のお願い

  • 発熱や咳き込み等の症状があるお客様は入館をご遠慮ください。
  • 入館時に検温を実施しています。37.5度以上の発熱が確認された場合、ご入館をお断りさせていただきます。
  • 咳エチケットにご留意いただき、マスクの着用をお願いいたします。着用されていない場合、入館をお断りすることがあります。
    ※フェイスシールド、マウスシールドのみの着用は原則不可
  • 会場が混雑した場合は、龍谷ミュージアムHPからのご予約を優先させていただきます。
  • 滞在時間の制限はありません。閉館時刻(17:00)まで、ごゆっくりご観覧ください。
  • 新型コロナウイルスの感染拡大の状況によってはやむを得ず臨時休館、もしくは本展を中止させていただくことがあります。

最新の情報は龍谷ミュージアムHPをご確認ください。

オンライン予約【秋季特別展「アジアの女神たち」】

第1章 太古の地母神とその末裔

  • メソポタミアや日本の土偶、神話に登場する女神たちを紹介します。

第2章 インドの地母神からヤクシーへ

  • インドの土偶の変化と、聖樹に棲む精霊たちの登場に焦点を当てます。

第3章 インドの女神たちと仏教

  • ラクシュミーと吉祥天、ハーリーティーと鬼子母神など、仏教に取り入れられた女神を紹介します。

第4章 『デーヴィー・マーハートミヤ』と大女神

  • インドの女神信仰の根本聖典とも言える文献に登場する恐ろしき戦闘女神と、弁才天の関係を詳しく取り上げます。

第5章 観音になった女神 ―性を超えた聖―

  • 男性であった観音が、女性的な変容を遂げる流れを見ていきます。

会期

2021年9月18日(土)~ 11月23日(火・祝)
休館日:月曜日、9月21日(ただし、9月20日は開館)

開館時間

10:00 ~ 17:00
※最終入館受付は16:30まで

入館料

  • 一 般 1,300(1,100)円
  • 高大生 900(700)円
  • 小中生 500(400)円
  • 小学生未満:無料
  • 障がい者手帳等の交付を受けている方及びその介護者1名:無料
    (手帳またはミライロIDを受付にてご提示ください)

※( )内は前売り・20名以上の団体料金

【前売り券取り扱い】

2021年9月1日(水)~9月17日(金)
龍谷ミュージアムHP、ローソンチケット(Lコード:54014)、セブンチケットほか主要プレイガイド等で販売

主な展示作品

前期:9月18日(土)~ 10月17日(日)、後期:10月19日(火)~ 11月23日(火・祝)

  • 女性土偶 北シリア 前5500年頃 平山郁夫シルクロード美術館女性土偶
    北シリア
    前5500年頃
    平山郁夫シルクロード美術館
  •  [重要文化財] 円錐形土偶 山梨 鋳物師屋遺跡 縄文時代中期・前3000年頃 南アルプス市ふるさと文化伝承館 [重要文化財] 円錐形土偶
    山梨 鋳物師屋遺跡
    縄文時代中期・前3000年頃
    南アルプス市ふるさと文化伝承館
    <前期>(後期は複製品を展示)
  • 女性土偶 バローチスタン(パキスタン) 前2800~2600年頃 平山郁夫シルクロード美術館女性土偶
    バローチスタン(パキスタン)
    前2800~2600年頃
    平山郁夫シルクロード美術館
  •  [国宝] 吉祥天像 奈良時代・8世紀 奈良 薬師寺(©飛鳥園)[国宝] 吉祥天像
    奈良時代・8世紀
    奈良 薬師寺(©飛鳥園)
    <9/18~9/24>
  •  [重要文化財] 吉祥天立像 平安時代・10世紀 奈良 薬師寺 [重要文化財] 吉祥天立像
    平安時代・10世紀
    奈良 薬師寺
  • ハーリーティー倚坐像 スワート(パキスタン) 2~3世紀	ハーリーティー倚坐像
    スワート(パキスタン)
    2~3世紀
  •  [重要文化財] 訶梨帝母坐像 平安時代後期・12世紀 奈良 東大寺 [重要文化財] 訶梨帝母坐像
    平安時代後期・12世紀
    奈良 東大寺
  • 訶梨帝母像 鎌倉時代・14世紀 奈良県立美術館訶梨帝母像
    鎌倉時代・14世紀
    奈良県立美術館
    <前期>
  •  [重要文化財] 鬼子母神十羅刹女像 長谷川等伯筆 室町・永禄7年(1564) 富山 大法寺 [重要文化財] 鬼子母神十羅刹女像
    長谷川等伯筆
    室町・永禄7年(1564)
    富山 大法寺
    <後期>
  • ドゥルガー立像 インド 20世紀 国立民族学博物館ドゥルガー立像
    インド 20世紀
    国立民族学博物館
  • ヴァイシュナヴィー立像 ガンダーラ周辺 7~8世紀頃ヴァイシュナヴィー立像
    ガンダーラ周辺
    7~8世紀頃
  • 弁才天立像 鎌倉時代・13~14世紀 兵庫 鶴林寺弁才天立像
    鎌倉時代・13~14世紀
    兵庫 鶴林寺
  • 五護明妃像 ネパール 15~16世紀 北村コレクション五護明妃像
    ネパール 15~16世紀
    北村コレクション
    <前期>
  • 魚籃観音像 中国 明・正徳8年(1513)賛 香雪美術館魚籃観音像
    中国 明・正徳8年(1513)賛
    香雪美術館
    <後期>
  •  [重要文化財] 観音菩薩童子像(マリア観音) 中国 明~清時代・17世紀 東京国立博物館 [重要文化財] 観音菩薩童子像(マリア観音)
    中国 明~清時代・17世紀
    東京国立博物館
    Image: TNM Image Archives

主催・特別協力・後援・協賛

特別展
日本語

関連イベント

◆ 記念講演会

「いのちの根源としてのインドの女神」

日 時
2021年11月6日(土)13:30 ~15:00(13:00開場)
会 場
龍谷大学大宮学舎東黌101教室
講 師
宮治 昭 氏 <龍谷大学名誉教授・名古屋大学名誉教授(龍谷ミュージアム初代館長)>
定 員
150名

※聴講無料/観覧券必要(観覧後の半券可)

※龍谷ミュージアムHPから事前申込が必要

以下の申込みフォームからお申し込みください。

関連イベントのお申し込みはこちら

送信アドレス宛にお申し込み内容を自動返信させていただきます。龍谷ミュージアムからのメール(PCメール、×××@ad.ryukoku.ac.jpのドメイン指定など)が受信できる設定にしておいてください。

◆ 龍谷ミュージアム開館10周年記念 トークセッション

日 時
2021年9月26日(日)14:00 ~ 15:00
場 所
龍谷大学大宮学舎東黌101教室
登壇者
和田 彩花 さん <「アンジュルム」元リーダー。美術鑑賞に造詣が深い。アイドルとして活躍中。>
入澤 崇 <龍谷大学 学長(龍谷ミュージアム2代目館長)>

トークセッションの詳細はこちら

シアター上映

ミュージアムの3階には、ミュージアムシアターを設置しています。
200インチのスクリーンで大迫力の映像をご覧ください。

「よみがえる幻の大画廊廊 ~ベゼクリク石窟~」

「よみがえる幻の大画廊廊 ~ベゼクリク石窟~」(約12分)

中国・新疆ウイグル自治区にあるベゼクリク石窟寺院。本学が中心となって、この石窟寺院の中の第15号窟に描かれた仏教壁画のデジタル復元にNHKと共同で取り組んだ様子をご紹介します。

「伝えゆくもの廊 ~西本願寺の障壁画~」

「伝えゆくもの ~西本願寺の障壁画~」(約12分)

西本願寺・書院の障壁画にスポットをあて、復元模写された障壁画の美しさをご覧いただくとともに、肉眼では識別できなかった、描かれた当時の「虎之間」竹虎図を写真とCGによって紹介します。

上映スケジュール

10:30 ~
「よみがえる幻の大回廊
~ベゼクリク石窟~」
11:30 ~
「伝えゆくもの
~西本願寺の障壁画~」
12:30 ~
「よみがえる幻の大回廊
~ベゼクリク石窟~」
13:30 ~
「伝えゆくもの
~西本願寺の障壁画~」
14:30 ~
「よみがえる幻の大回廊
~ベゼクリク石窟~」
15:30 ~
「伝えゆくもの
~西本願寺の障壁画~」
16:30 ~
「よみがえる幻の大回廊
~ベゼクリク石窟~」