TOP > 企画展

展示案内│企画展

企画展 シリーズ展5「龍谷の至宝 -時空を超えたメッセージ-」

龍谷大学は、2019年に創立380周年を迎えました。1639年に本願寺の教育施設「学寮」として設立されて以来、本学には多くの貴重な学術資料が蓄積されてきました。中でも、本願寺歴代宗主の蔵書コレクション「写字台文庫」や20世紀初頭に本願寺が派遣した学術調査隊である大谷探検隊の将来品などは、世界に誇る貴重な資料であり、その学術的価値の高さは、まさに「至宝」と呼んでも過言ではありません。
本展では、本学が所蔵するさまざまな分野の学術資料を一堂に会し、龍谷大学の歴史と所蔵学術資料の多様性をご覧いただきます。
また、シリーズ展5では、仏教の生まれたインドから日本に至るまでの仏教の2500年の歩みを、大きく「アジアの仏教」と「日本の仏教」に分けて通覧します。

チラシのPDFはこちら

展示構成

<企画展 龍谷の至宝 -時空を超えたメッセージ-(3階展示室)>

  • 第1章:仏教東漸
  • 第2章:浄土真宗のおしえ
  • 第3章:本願寺学寮から龍谷大学へ
  • 第4章:写字台文庫の至宝
  • 第5章:大谷探検隊の精華
  • 第6章:人間・科学・宗教

<シリーズ展5 仏教の思想と文化 -インドから日本へ-(2階展示室)>

《アジアの仏教》

インドで仏教が誕生し、アジア全域に広まる

《日本の仏教》

日本へ仏教が伝来し、日本社会に根付く

会期

2019年7月13日(土)~ 9月11日(水)
休館日:月曜日、7/16、8/13(ただし7/15、8/12、9/2、9/9は開館)

開館時間

10:00 ~ 17:00
※最終入館受付は16:30まで

入館料

○一般500 (400)円
○大学生・シニア400 (300)円
○高校生300 (200)円

※( )内は前売り、20名以上の団体料金

※シニアは65歳以上。
中学生以下、障がい者手帳等の交付を受けている方
およびその介護者1名は無料

【前売り券取り扱い】 6月29日(土)~ 7月12日(金)
ローソンチケット(Lコード:55646)で販売

主催
龍谷大学 龍谷ミュージアム、京都新聞
特別協力
浄土真宗本願寺派、本山 本願寺
後援
京都府、京都市、京都府教育委員会、京都市教育委員会、(公社)京都府観光連盟、
(公社)京都市観光協会、NHK京都放送局、KBS京都、エフエム京都
協賛
富士ゼロックス京都株式会社

主な展示作品 

出品リストはこちら

  • 須弥山儀 田中久重作  江戸・弘化4年(1847)~嘉永3年(1850) 龍谷大学図書館
    須弥山儀 田中久重作
    江戸・弘化4年(1847)~嘉永3年(1850)
    龍谷大学図書館
  • 【国宝】類聚古集 平安後期・12世紀 龍谷大学図書館
    【国宝】類聚古集
    平安後期・12世紀
    龍谷大学図書館
  • 【重要文化財】念仏式 平安後期・長承4年(1135) 龍谷大学図書館
    【重要文化財】念仏式
    平安後期・長承4年(1135)
    龍谷大学図書館
  • 阿弥陀如来立像 渡辺康雲作 江戸時代 龍谷ミュージアム(𠮷門直子氏寄贈)
    阿弥陀如来立像 渡辺康雲作
    江戸時代
    龍谷ミュージアム
    (𠮷門直子氏寄贈)
  • 朱地連珠天馬文錦 アスターナ(トルファン)出土 7~8世紀 龍谷大学図書館
    朱地連珠天馬文錦
    アスターナ(トルファン)出土
    7~8世紀
    龍谷大学図書館
  • 解体新書 江戸・安永3年(1774) 龍谷大学図書館
    解体新書
    江戸・安永3年(1774)
    龍谷大学図書館
  • 反省会雑誌(英文) 明治31年(1898)~ 龍谷大学図書館
    反省会雑誌(英文)
    明治31年(1898)~
    龍谷大学図書館

ハンズオン(体験学習)コーナーで掛軸に触れて、掛けてみよう!

掛軸は、礼拝対象であったり、床の間に飾って鑑賞したりするものです。
しかし、住宅事情やライフスタイルの変化によって、掛軸に触れる(手に取る・掛ける・しまう)ことがない人も増えています。今回、富士ゼロックス京都株式会社のご協力により、掛軸のレプリカを作成しました。自由に手にとって、掛けたりしてみてください。(会場:2階展示室)

関連イベント

◎「記念講演会」の参加には観覧券(既にご覧になった方はその半券)が必要です。
※観覧券は当日会場でもご購入いただけます。

◎「ギャラリートーク」「ワークショップ」の参加には当日の観覧券が必要です。(既にご覧になった観覧券の半券は不可)

◆記念講演会

「龍谷の至宝」

○日時:7月28日(日) 13:30~15:00
○会場:龍谷大学大宮学舎清和館3階ホール
○講師:入澤 崇(龍谷大学学長)
※事前申込み必要・聴講無料・先着200名・観覧券必要(観覧後の半券可)

「わが国工業技術の祖 からくり儀右衛門から田中久重(仮)」

○日時:8月18日(日) 13:30~15:00
○会場:本願寺伝道院
○講師:谷口 敏之 氏(東芝未来科学館副館長)
※事前申込み必要・聴講無料・先着100名・観覧券必要(観覧後の半券可)

◆ギャラリートーク

展示室で作品を鑑賞しながら学芸員が解説します。

○日時:8月10日(土) 13:30~14:15
○集合場所:龍谷ミュージアム3階展示室前
※事前申込み不要・聴講無料・当日の観覧券必要

ギャラリートーク

◆ギャラリートーク[特別編]

本展に展示する「縮象儀」の保存・修理に関わられた下出蒔絵司所三代目・下出祐太郎氏をお招きし、特別に開催します。

『龍谷大学図書館所蔵「縮象儀(しゅくしょうぎ)」の漆工芸技法について』

○日時:7月20日(土) 13:30~14:30
○集合場所:龍谷ミュージアム1階101講義室
※事前申込み不要(先着40名)・聴講無料・当日の観覧券必要

◆ワークショップ
 ミュージアムのお仕事体験「大切なものを梱包してみよう!」

ミュージアムでは、大切な資料を運ぶ際、傷つかないように色々と工夫をしています。当日は美術品梱包のプロの指導を受けて実際に梱包を体験してみましょう。

○日時:8月9日(金) 13:30~16:00
○会場:龍谷ミュージアム 1階101講義室
○対象:中学生~高校生
○参加費:500円
※事前申込み必要・先着20名・当日の観覧券必要
 協力:ヤマトグローバルロジスティクスジャパン(株)

◆申込みフォームからのお申込みの場合

以下の申込みフォームからお申込みください。

記念講演会・ワークショップの申込みはこちら

※申込みフォームからお申込みの場合は、送信アドレス宛にお申込み内容を自動返信させていただきます。
(龍谷ミュージアムからのメール(PCメール、×××@ad.ryukoku.ac.jpのドメイン指定など)が受信できる設定にしておいてください)

◆往復はがき、FAX・ミュージアム受付での直接申込みの場合

①希望する日とイベント名
②お名前(ふりがな)
③参加人数
④郵便番号・ご住所
⑤ご連絡先(電話番号・FAX番号)
⑥【ワークショップご参加の方のみ】学年
をご明記の上、お申込みください。

<申込先>

〒600-8399 京都市下京区堀川通正面下る(西本願寺前)
龍谷ミュージアム
FAX番号:075-351-2577

※FAXでお申込みの場合は、送信FAX番号宛に回答を返信させていただきます。

シアター上映

ミュージアムの3階には、ミュージアムシアター(座席47席)を設置しています。
200インチのスクリーンで大迫力の映像をご覧ください。

○「フランス人がときめいた日本の美術館」(約45分)
 上映開始時刻 11:00/15:30

2019年3月にBS11で放送された「フランス人がときめいた日本の美術館」第23回仏教と美術に思いを巡らす『龍谷ミュージアム』を上映します。

○「よみがえる幻の大画廊 ~ベゼクリク石窟~」(約12分)
 上映開始時刻 12:30/13:30/14:30

中国・新疆ウイグル自治区にあるベゼクリク石窟寺院。本学が中心となって、この石窟寺院の中の第15号窟に描かれた仏教壁画のデジタル復元にNHKと共同で取り組んだ様子をご紹介します。

ページトップ