TOP > 企画展

展示案内│企画展

企画展 シリーズ展4「因幡堂 平等寺」

京洛のほぼ中央、烏丸高辻に伽藍を構える因幡堂平等寺は、平安時代の創建時に遡る本尊薬師如来立像(重文、1003年頃)を祀る古刹です。この本尊薬師如来は、天竺伝来とされる霊像が因幡国(鳥取県)から都に飛来してきたと伝え、善光寺阿弥陀三尊像・清凉寺釈迦如来立像とともに、「日本三如来」と称されます。この創建にまつわる説話は、鎌倉時代の「因幡堂縁起」に綴られ、創建後は市中の「町堂(辻堂)」として京都の町衆の篤い信仰に支えられてきました。
この度、平等寺本堂の内装修復工事が行われるのにあわせ、同寺の本尊をはじめとする霊宝のすべてと、現在は東京国立博物館所蔵の「因幡堂縁起」1巻(重文)とともに展観する初めての機会となります。
本展では、同寺の本堂、観音堂、阿弥陀堂に安置される平安~江戸時代の仏像の数々、そして同寺に伝来した仏画や仏具、古文書をあわせて展示します。加えて、同じく因幡国から伝来したと伝わる岐阜・延算寺の本尊薬師如来立像や、因幡国に残された本尊の台座(鳥取・座光寺蔵)、平等寺所蔵の名品の一つである阿弥陀如来坐像(鎌倉時代)と、作風が酷似する近在の西念寺本尊・阿弥陀如来坐像も特別に出品され、これまで全貌が明らかでなかった洛中の隠れた古刹・平等寺のすべてがわかります。
また、シリーズ展4では、仏教の生まれたインドから日本に至るまでの仏教の2500年の歩みを、大きく「アジアの仏教」と「日本の仏教」に分けて通覧します。

チラシのPDFはこちら

展示構成

<企画展 因幡堂 平等寺(3階展示室)>

  • 第1章:伝説のはじまり
  • 第2章:平等寺の信仰と歴史
  • 第3章:近世のにぎわい

<シリーズ展4 仏教の思想と文化 -インドから日本へ-(2階展示室)>

《アジアの仏教》

インドで仏教が誕生し、アジア全域に広まる

《日本の仏教》

日本へ仏教が伝来し、日本社会に根付く

会期

2019年4月20日(土)~ 6月9日(日)
休館日:月曜日(ただし、4月29日、5月6日は開館)、5月7日

開館時間

10:00 ~ 17:00
※最終入館受付は16:30まで

入館料

○一般800 (600)円
○高校・大学生500 (300)円
○小・中学生200 (100)円

※( )内は前売り、20名以上の団体料金
※小学生未満、障がい者手帳等の交付を受けている方
 およびその介護者1名は無料

主催
龍谷大学 龍谷ミュージアム、京都新聞、毎日新聞社
共催
福聚山 因幡堂 平等寺
特別協力
浄土真宗本願寺派、本山 本願寺
後援
京都府、京都市、京都府教育委員会、京都市教育委員会、(公社)京都府観光連盟、
(公社)京都市観光協会、NHK京都放送局、KBS京都、エフエム京都
協賛
ヤマトグローバルロジスティクスジャパン株式会社、髙島屋

主な展示作品 

※会期中に展示替えがあります。

出品リストはこちら

  • 【重要文化財】薬師如来立像 平安時代 平等寺
    【重要文化財】薬師如来立像
    平安時代 平等寺
    Image:TNM Image Archives
    画像提供:東京国立博物館
  • 【重要文化財】因幡堂縁起 鎌倉時代 東京国立博物館
    【重要文化財】因幡堂縁起
    鎌倉時代 東京国立博物館
    Image:TNM Image Archives
    展示期間:4/20~5/19 ※複製写真パネルは通期で展示します。
  • 因幡堂縁起 3巻 江戸時代・万延2年 平等寺
    因幡堂縁起 3巻
    江戸時代・万延2年 平等寺
    ※会期中、3巻を順次展示します。
  • 【重要文化財】薬師如来立像 平安時代 岐阜・延算寺
    【重要文化財】薬師如来立像
    平安時代 岐阜・延算寺
    展示期間:5/11~6/9
  • 阿弥陀如来坐像 鎌倉時代 平等寺
    阿弥陀如来坐像
    鎌倉時代 平等寺
  • 阿弥陀如来坐像 鎌倉時代 京都・西念寺
    阿弥陀如来坐像
    鎌倉時代 京都・西念寺
  • 平等寺一山建物惣絵図 江戸時代・天保13年 京都・聖護院
    平等寺一山建物惣絵図
    江戸時代・天保13年 京都・聖護院
  • 大黒天立像 室町時代 平等寺
    大黒天立像
    室町時代 平等寺
  • 薬師三尊十二神将像(3幅のうち1幅)  土佐光茂筆 室町時代 平等寺
    薬師三尊十二神将像(3幅のうち1幅)
    土佐光茂筆 室町時代 平等寺
  • 十一面観音立像 江戸時代 平等寺
    十一面観音立像
    江戸時代 平等寺

関連イベント

◎「記念講演会」、「スペシャルトーク」の参加には観覧券(既にご覧になった方はその半券)が必要です。

◎「ギャラリートーク」の参加には当日の観覧券が必要です。 ※観覧券は当日会場でもご購入いただけます。

◆オープニング記念ポスタープレゼント NEW!!

○日時:4月20日(土)・21日(日)10:00~
○会場:龍谷ミュージアム会場内受付
※各日先着50名に本展のポスター(B2サイズ)をプレゼントします。

◆記念講演会

「応仁の乱」(中公新書)が大ヒットを記録した歴史学者の呉座勇一氏による
記念講演会開催決定!! NEW!!

「応仁の乱と中世京都」

○日時:5月26日(日)13:30~15:00(12:30より受付)
○会場:龍谷大学大宮学舎東黌101教室
○参加費:2,000円(観覧券付き)
※参加費は当日受け付けます。別途チケットをお持ちの方も、
 参加費は必要です。

○講師:呉座 勇一 氏(国際日本文化研究センター 助教)
※事前申込み必要・先着200名

呉座 勇一 氏

「因幡堂の霊験と芸能」

○日時:5月18日(土)13:30~15:00
○会場:龍谷大学大宮学舎東黌101教室
○講師:大釜 諦順 師(因幡堂住職)
※事前申込み必要・聴講無料・先着200名・観覧券必要(観覧後の半券可)

「因幡堂平等寺の中世・近世」

○日時:6月2日(日)13:30~15:00
○会場:龍谷大学大宮学舎清和館3階ホール
○講師:長村 祥知 氏(京都文化博物館)
※事前申込み必要・聴講無料・先着200名・観覧券必要(観覧後の半券可)

◆ナイトミュージアム

開館時間を19:00(最終入館18:30)まで延長します。
また各日、17:30より作品の見どころを解説するギャラリートーク(事前申込み不要・聴講無料・当日の観覧券必要)を展示室で開催します(45分程度)。
○日時:5月11日(土)・18日(土)・25日(土)・6月1日(土)
    17:30~18:15
○集合場所:龍谷ミュージアム101講義室

◆スペシャルトーク

講義室で学芸員が展覧会の見どころを解説します。
○日時:5月11日(土)・6月1日(土)13:30~14:15
○会場:龍谷ミュージアム101講義室
※事前申込み不要・聴講無料・観覧券必要(観覧後の半券可)

スペシャルトーク

◆ギャラリートーク

展示室で作品を鑑賞しながら学芸員が解説します。
○日時:5月25日(土)13:30~14:15
○集合場所:龍谷ミュージアム101講義室
※事前申込み不要・聴講無料・当日の観覧券必要

ギャラリートーク

<記念講演会のお申込み方法>

上記イベントには、事前申込みが必要です。
以下の申込みフォーム・往復はがき・FAX・ミュージアム受付での直接申込みのいずれかでお申込みください。

※申込みフォームからお申込みの場合は、送信アドレス宛に回答を返信させていただきます。
(龍谷ミュージアムからのメール(PCメール、×××@ad.ryukoku.ac.jpのドメイン指定など)が受信できる設定にしておいてください)

◆申込みフォームからのお申込みの場合

以下の申込みフォームからお申込みください。

申込みはこちら

◆往復はがき、FAX・ミュージアム受付での直接申込みの場合

①希望する日とイベント名
②お名前(ふりがな)
③参加人数
④郵便番号・ご住所
⑤ご連絡先(電話番号・FAX番号)
をご明記の上、お申込みください。

<申込先>

〒600-8399 京都市下京区堀川通正面下る(西本願寺前)
龍谷ミュージアムあて
FAX番号:075-351-2577

※FAXでお申込みの場合は、送信FAX番号宛に回答を返信させていただきます。

シアター上映

ミュージアムの3階には、ミュージアムシアター(座席47席)を設置しています。
200インチのスクリーンで大迫力の映像をご覧ください。

○「フランス人がときめいた日本の美術館」(約45分)
 上映開始時刻 11:00/15:30

2019年3月にBS11で放送された「フランス人がときめいた日本の美術館」第23回仏教と美術に思いを巡らす『龍谷ミュージアム』を上映します。

○「よみがえる幻の大画廊 ~ベゼクリク石窟~」(約12分)
 上映開始時刻 12:30/13:30/14:30

中国・新疆ウイグル自治区にあるベゼクリク石窟寺院。本学が中心となって、この石窟寺院の中の第15号窟に描かれた仏教壁画のデジタル復元にNHKと共同で取り組んだ様子をご紹介します。

ページトップ