Need Help?

Ryukoku Museum

龍谷ミュージアム

展覧会情報

最新情報

<シリーズ展11> 「仏教の思想と文化 -インドから日本へ-
特集展示:仏像ひな型の世界Ⅲ 」

2022年1月 9日(日)~ 2月13日(日)
2022年2月19日(土)~ 3月21日(月・祝)

多くの仏像がつくられた江戸時代は、飛鳥時代より蓄積されてきた仏像の図像や様式、技法が熟成して花開いた時代です。その造像活動の中心を担った京都仏師たちが使用したのが「雛型」。仏師の舞台裏を支えた雛型特集の第3弾です。

展覧会の詳細はこちら >

山王権現坐像 江戸時代(18~19世紀)山王権現坐像
江戸時代(18~19世紀)


<春季特別展> 「ブッダのお弟子さん
 -教えをつなぐ物語-」

2022年4月23日(土)~ 6月19日(日)

ブッダを支え最も活躍した十大弟子や、涅槃時に後を任された十六羅漢、そして維摩居士に代表される在家信者たちに焦点を当てます。
インドや東南アジア、東アジアで大切に伝えられてきた彼らのすがたを個性豊かなエピソードと共にご紹介します。

※2020年にコロナ禍で中止となった展覧会の一部を変更して開催します。

展覧会の詳細はこちら(準備中)

木造 迦葉立像(釈迦如来坐像および阿難・迦葉立像のうち) 康俊作 南北朝・貞和3年(1347) 和歌山・海雲寺 画像提供:和歌山県立博物館木造 迦葉立像(釈迦如来坐像および阿難・迦葉立像のうち) 康俊作
南北朝・貞和3年(1347)
和歌山・海雲寺
画像提供:和歌山県立博物館

<企画展> 「岡山・宗教美術の名宝Ⅲ
 -岡山の浄土教美術-」(仮称)

2022年7月16日(土)~ 8月21日(日)

約2年にわたる「《岡山》宗教美術の名宝シリーズ」もついに完結!
第3弾となる本展では「法然さん」・「熊野比丘尼」・「地獄・極楽」の3つのキーワードを中心に、岡山ゆかりの貴重な文化財を分かりやすくご紹介します。

展覧会の詳細はこちら(準備中)

熊野観心十界曼荼羅(部分) 江戸時代熊野観心十界曼荼羅(部分)
江戸時代
個人蔵

<秋季特別展> 「蒐覧(しゅうらん) -集め見せる試み-」
初期京都博覧会・西本願寺蒐覧会・仏教児童博物館・平瀬貝類博物館(仮称)

2022年9月17日(土)~ 11月23日(水・祝)

なぜ人はモノを集めるのか?明治から昭和戦前期に京都で開催、開設された展覧会や博物館では、大きな目的を掲げ、工夫を凝らし資料を集め展示していました。本展では、当時の主催者側の展示に対する熱い思いを探りたく思います。

展覧会の詳細はこちら(準備中)

集合写真(仏教児童博物館の玄関前にて) 昭和戦前期 個人蔵集合写真
(仏教児童博物館の玄関前にて)
昭和戦前期
個人蔵