TOP > 平常展

展示案内│シリーズ展

シリーズ展2「仏教の思想と文化 ―インドから日本へ― 特集展示:近世京都の寺社参詣」

 長らく続いた戦国の騒乱から、平穏な生活を取り戻した近世京都の町衆は、復興なった寺社への参詣が娯楽のひとつとなりました。多くの名所旧跡を抱える京都は、全国からの参詣者や巡礼者を集めていきました。そうした中、京の名所とそこに集う人々を描いた屛風絵や掛軸、摺物が17世紀以降に盛んに制作され、これらの名所絵・遊楽図は、専門の絵師集団のみならず、京の町絵師たちが参画し、平和を謳歌する人々の姿をいきいきと描いています。
 この特集展示では、京の名所を舞台とした遊楽図屛風や、京のガイドブックとして出版された各種名所図会などを展観します。そして一部修復を終えた国宝・西本願寺阿弥陀堂の内陣天井画を、特別にご披露します。

チラシのPDFはこちら
関連イベントはこちら
お楽しみ企画はこちら

展示構成

《第1部 アジアの仏教》

インドで仏教が誕生し、アジア全域に広まる

  • 仏教の誕生・・・釈尊(ガウタマ・ブッダ)の生涯とその教え
  • 仏教の広がり・・・インドから中央アジア、東南アジア、東アジアへ
  • 多様な仏教・・・出家修行者と在家信者が織りなす仏教世界

《第2部 日本の仏教》

日本へ仏教が伝来し、日本社会に根付く

  • 仏教伝来・・・伝来にかかる史実と伝承
  • 国家と仏教・・・国家政策としての仏教導入と貴族社会への浸透
  • 仏教文化の円熟と日本的展開・・・日本国内での仏教の歩みと新たに醸成され、幅広い階層に受け入れられていった仏教の諸相

会期

2018年 7月14日(土) ~ 8月19日(日)
休館日:月曜日(ただし、7月16日開館、17日休館)

開館時間

10:00 ~ 17:00
※最終入館受付は16:30まで

入館料

○一般500 (400)円
○シニア・大学生400 (300)円
○高校生300 (200)円

※( )内は20名以上の団体料金
※シニアは65歳以上
※中学生以下、障がい者手帳等の交付を受けている方
 およびその介護者1名は無料

※「平常展」は2017年11月に「シリーズ展」に改称しました。
シリーズ展では、平常展の招待券もお使いになれます。

主催
龍谷大学 龍谷ミュージアム、京都新聞

主な展示作品 

出品リストはこちら

  • 「燃燈仏授記」浮彫 ガンダーラ 2~3世紀
    「燃燈仏授記」浮彫
    ガンダーラ 2~3世紀
  • 仏頭部 タルベラ(ガンダーラ)4~5世紀
    仏頭部
    タルベラ(ガンダーラ)4~5世紀
    龍谷大学 龍谷ミュージアム蔵
  • 大唐西域記 巻第二(那掲羅曷国の条)	江戸・承応2年(1653)刊
    大唐西域記 巻第二(那掲羅曷国の条)
    江戸・承応2年(1653)刊
    龍谷大学図書館蔵
  • 本生図壁画(シビ王本生部分) ハッダ 4~5世紀
    本生図壁画(シビ王本生部分)
    ハッダ 4~5世紀
    龍谷大学 龍谷ミュージアム蔵
  • 東山祭礼遊楽図屛風(部分)	江戸時代
    東山祭礼遊楽図屛風(部分)
    江戸時代
  • 東山遊楽図屛風 江戸時代
    東山遊楽図屛風
    江戸時代
    龍谷大学 龍谷ミュージアム蔵
  • 都名所独案内図(部分) 明治時代
    都名所独案内図(部分)
    明治時代
    龍谷大学図書館蔵
  • 波図(西本願寺阿弥陀堂天井画) 江戸時代
    波図(西本願寺阿弥陀堂天井画)
    江戸時代
    本願寺(京都市)蔵

関連イベント

1. スペシャルトーク (事前申込み不要・聴講無料)

講義室で学芸員が展覧会の見どころを解説します。

日程: 7月21日(土)、8月4日(土)
時間: 13:30 ~ 14:15
会場: 龍谷ミュージアム1階101講義室

※スペシャルトークの参加には観覧券(既にご覧になった方はその半券)が必要です。

スペシャルトーク

2. ギャラリートーク (事前申込み不要・聴講無料)

展示室で作品を鑑賞しながら学芸員が解説します。

日程: 7月28日(土)、8月11日(土)
時間: 13:30 ~ 14:15
集合場所: 龍谷ミュージアム1階101講義室

※ギャラリートークの参加には当日の観覧券が必要です。
 (既にご覧になった観覧券の半券は不可)

ギャラリートーク

3. 納涼ふるまい冷緑茶

日程: 8月5日(日)
時間: 10:00 ~ 無くなり次第終了
場所: 龍谷ミュージアム正門付近

納涼ふるまい冷緑茶

4. 門前町まちかどコンサート (事前申込み不要・鑑賞無料)

日程: 8月16日(木)
時間: 16:00 ~ 16:40
会場: 龍谷ミュージアム地下1階エントランスホール
出演:龍谷大学一般同好会ジャズ研究会

 門前町まちかどコンサート

5.「国際博物館会議(ICOM)京都大会2019」開催記念イベント
シリーズ・学芸員のシゴト2 (事前申込み必要・聴講無料・当日の観覧券必要)

― 想いをカタチに ~展覧会ができるまで~ 特別展編 ―
学芸員が、そのシゴトと展示に込めた想いを生の声でお伝えします!学芸員に興味のある方や展覧会をもっと楽しみたい方々にお勧め!今回は特別展をどのように着想し、実現するのか、そのストーリーにフォーカスする予定です。トークの後は、展示を観覧いただけます。

日時: 8月10日(金)17時30分 ~ 19時00分
会場: 龍谷ミュージアム101講義室
定員: 40名
※シリーズ・学芸員のシゴト2への参加には当日の観覧券が必要です。
 (既にご覧になった観覧券の半券は不可)
申し込み: 下記の申込みフォーム・FAX・ミュージアム受付での直接申込みのいずれかでお申込みください。

◆申込みフォームからのお申込みの場合
以下の申込みフォームからお申込みください。

申込みはこちら

※申込みフォームからお申込みの場合は、送信アドレス宛に回答を返信
させていただきます。
(龍谷ミュージアムからのメール(PCメール、×××@ad.ryukoku.ac.jpのドメイン指定など)が受信できる設定にしておいてください)

◆FAX・ミュージアム受付での直接申込みの場合
①イベント名
②お名前(ふりがな)
③参加人数
④郵便番号・ご住所
⑤ご連絡先(電話番号・FAX番号、メールアドレス)
をご明記の上、お申込みください。

<申込先>

龍谷ミュージアム
FAX番号:075-351-2577

※FAXでお申込みの場合は、送信FAX番号宛に回答を返信させて
いただきます。

来館記念お楽しみ企画

「すたんぷ・de・くいず」

シリーズ展の来館記念お楽しみ企画として「すたんぷ・de・くいず」を実施します。
クイズは初級編と上級編の二つを用意。今回の展示作品から出題している質問用紙の空欄に入る名所を探してスタンプを押し京都の名所図を完成させてください。
上級編の正解者の方の中から抽選でオリジナルグッズをプレゼントいたします。
※「くいず」の質問用紙は3階展示室入り口に設置しています。

来館記念お楽しみ企画 来館記念お楽しみ企画

シアター上映

ミュージアムの3階には、ミュージアムシアター(座席47席)を設置しています。
200インチのスクリーンで大迫力の映像をご覧ください。

○「伝えゆくもの ~西本願寺の障壁画~」(上映時間:約12分)

○「よみがえる幻の大回廊 ~ベゼクリク石窟~」(上映時間:約12分)

上映スケジュール

11:00~ 「伝えゆくもの ~西本願寺の障壁画~」
11:30~ 「よみがえる幻の大回廊 ~ベゼクリク石窟~」
12:00~ 「伝えゆくもの ~西本願寺の障壁画~」
12:30~ 「よみがえる幻の大回廊 ~ベゼクリク石窟~」
13:00~ 「伝えゆくもの ~西本願寺の障壁画~」
13:30~ 「よみがえる幻の大回廊 ~ベゼクリク石窟~」
14:00~ 「伝えゆくもの ~西本願寺の障壁画~」
14:30~ 「よみがえる幻の大回廊 ~ベゼクリク石窟~」
15:00~ 「伝えゆくもの ~西本願寺の障壁画~」
15:30~ 「よみがえる幻の大回廊 ~ベゼクリク石窟~」
16:00~ 「伝えゆくもの ~西本願寺の障壁画~」
16:30~ 「よみがえる幻の大回廊 ~ベゼクリク石窟~」

※フルハイビジョン映像

ページトップ