TOP > 特別展

展示案内│特別展

水木しげる 魂の漫画展

チラシのPDFはこちら

 日本漫画界の鬼才・水木しげる、本名・武良茂〈むら しげる 1922~2015〉氏は、その生涯を現役で在り続けました。鳥取県境港で幼少期を過ごした彼は、正福寺所蔵の「地獄極楽絵図」に心を奪われ、以来、不思議な世界に魅入られるようになります。そして太平洋戦争中には、激戦地・ラバウルで片腕を失い、生と死の境をさまよう壮絶な体験をします。
 本展は、水木しげる氏が93年間の生涯をかけ、魂を込めて描き続けた作品に焦点をあて、生原稿・原画のほか、少年期に描いた貴重なスケッチなど、未公開作品を含む約300点をご紹介します。「ゲゲゲの鬼太郎」に代表される妖怪漫画のほか、短編や戦記物、人物評など、対象への深い探求心・洞察力が生み出した多彩な水木ワールドをぜひご覧ください。

展示構成

プロローグ:
水木しげる劇場 ~波瀾万丈人生紙芝居~
第1章:
武良茂アートギャラリー ~少年天才画家あらわる!~
第2章:
水木しげる漫画研究 ~片腕で生み出す独自の画法~
第3章:
水木しげる人気三大漫画 ~鬼太郎/悪魔くん/河童の三平~
第4章:
総員玉砕せよ! ~壮絶な戦争体験記~
第5章:
溢れる好奇心 人物伝
第6章:
短編に宿る時代へのまなざし
第7章:
妖怪世界へようこそ
第8章:
人生の達人 水木しげる

会期

2018年9月22日(土) ~ 11月25日(日)

休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)

開館時間

10:00 ~ 17:00
※最終入館受付は16:30まで

入館料

   
○一般1,200(前売チケットのみ・団体:1,000円、特典付前売:1,100円)円
※特典付前売り券はローソンチケット限定販売
○高校・大学生800(600)円
○小・中学生400(300)円

※( )内は前売り、20名以上の団体料金
※小学生未満、障がい者手帳等の交付を受けている方
 およびその介護者1名は無料

【前売り券取扱い】 8月1日(水)~ 9月21日(金)

<前売り券(チケットのみ)>
ローソンチケット(Lコード:55144)、セブンチケット(店内マルチコピー機)、
チケットぴあ(Pコード:991-820)、近鉄電車主要駅などで販売

<京都会場限定オリジナル缶バッジ付き前売り券>
ローソンチケット(Lコード:55144)にて、限定1,000枚販売

本展開催期間中、会場内受付で特典付前売り券の半券をご提示いただいた方に、
いずれかのオリジナル缶バッジをお渡しします。

京都会場限定オリジナル缶バッジ(2種類)
オリジナル缶バッジ オリジナル缶バッジ
※写真はイメージです。
※デザインは選べません。

主催
龍谷大学 龍谷ミュージアム、産経新聞社、京都新聞
特別協力
浄土真宗本願寺派、本山 本願寺

後援
京都府、京都市、鳥取県、京都府教育委員会、京都市教育委員会、
(公社)京都府観光連盟、(公社)京都市観光協会、KBS京都、
エフエム京都、NHK京都放送局
企画協力
水木プロダクション
制作協力
NHKプロモーション、NHKプラネット近畿

主な展示作品

  • 『ゲゲゲの鬼太郎』1967年『ゲゲゲの鬼太郎』1967年
  • 自画像 1951年自画像 1951年
  • 『鬼太郎・悪魔くん・河原三平』2009年『鬼太郎・悪魔くん・河原三平』2009年
  • 『悪魔くん 妖怪大襲来』1986年『悪魔くん 妖怪大襲来』1986年
  • 『総員玉砕せよ!-聖(セント)ジョージ岬・哀歌-』1989年『総員玉砕せよ!-聖(セント)ジョージ岬・哀歌-』1989年
  • 『妖怪たちの棲む森』1979年『妖怪たちの棲む森』1979年
  • 『ゲゲゲの鬼太郎』1985年『ゲゲゲの鬼太郎』1985年
  • 『八大地獄の光景』『八大地獄の光景』
  • 『決死の渡海 補陀落浄土』『決死の渡海 補陀落浄土』
  • ©水木プロダクション

関連イベント

開催日 イベント名 場所
9月22日(土)
9月23日(日)
オープニング記念ポスタープレゼント NEW! 龍谷ミュージアム会場内受付
9月30日(日) 妖怪アートフリマ モノノケ市 龍谷ミュージアム101講義室 他
10月6日(土) スペシャルトーク 龍谷ミュージアム101講義室
10月7日(日) 記念講演会 講師:小松和彦氏 大宮学舎東黌101講義室
10月14日(日) 記念講演会 講師:京極夏彦氏 大宮学舎東黌101講義室
10月20日(土)
10月21日(日)
鳥取県観光PRイベント
鬼太郎との握手・撮影会
龍谷ミュージアム1階
鳥取県観光PRブース前
10月27日(土) スペシャルトーク 龍谷ミュージアム101講義室
11月4日(日) 記念講演会 講師:宮崎哲弥氏 大宮学舎東黌101講義室
11月11日(日) ワークショップ
点と線で絵を描こう ~プチまんが家体験~
龍谷ミュージアム101講義室

◎「記念講演会(小松和彦氏)」、「スペシャルトーク」の参加には観覧券(既にご覧になった方はその半券)が必要です。

◎「記念講演会(京極夏彦氏・宮崎哲弥氏)」の参加には参加費が必要です。

◎「ワークショップ」の参加には参加費と観覧券(既にご覧になった方はその半券)が必要です。

◆オープニング記念ポスタープレゼント NEW!

 ○日時:9月22日(土)・9月23日(日)10:00~
 ○会場:龍谷ミュージアム会場内受付

※オープニングを記念して、両日とも先着300名に本展のポスター(B2サイズ・非売品)をプレゼントします。

◆記念講演会

 「水木しげると日本の妖怪文化」
 ○日時:10月7日(日)13:30~15:00 
 ○会場:龍谷大学大宮学舎東黌101講義室
 ○講師:小松 和彦 氏(国際日本文化研究センター所長)
 ※事前申込み必要・聴講無料・先着400名
  ・観覧券必要(観覧後の半券可)

小松 和彦 氏

「見えないものを描く技術・水木さんの画業」
 ○日時:10月14日(日)13:30~15:00 
 ○会場:龍谷大学大宮学舎東黌101講義室
 ○参加費:2,000円(観覧券付き)
      ※参加費は当日受け付けます。
       別途チケットをお持ちの方も、参加費は必要です。
 ○講師:京極 夏彦 氏(小説家)
 ※事前申込み必要・先着400名

京極 夏彦 氏

「戦争体験と仏教『総員玉砕せよ!』をめぐって」
 ○日時:11月4日(日)13:30~15:00 
 ○会場:龍谷大学大宮学舎東黌101講義室
 ○参加費:2,000円(観覧券付き)
      ※参加費は当日受け付けます。
       別途チケットをお持ちの方も、参加費は必要です。
 ○講師:宮崎 哲弥 氏(評論家・相愛大学客員教授)
 ※講演後、宮崎哲弥 氏と入澤崇 龍谷大学 学長との対談を開催
 ※事前申込み必要・先着400名

宮崎 哲弥 氏

◆スペシャルトーク

講義室で学芸員が展覧会の見どころを解説!

 ○日時:10月6日(土)・10月27日(土)13:30~14:15
 ○会場:龍谷ミュージアム101講義室
 ※事前申込み不要・聴講無料・観覧券必要(観覧後の半券可)

◆ワークショップ

点と線で絵を描こう ~プチまんが家体験~
色んな道具を使って、まんがを描いてみよう

 ○日時:11月11日(日) ①10:30~12:00 ②15:00~16:30
 ○会場:龍谷ミュージアム101講義室
 ○参加費:1名500円
 ※事前申込み必要・各回先着25名・対象:小学生以上(初心者歓迎)・
  観覧券必要(観覧後の半券可)

◆鳥取県観光PRイベント

鬼太郎との握手・撮影会

 ○日時:10月20日(土)・10月21日(日)
  両日とも ①11:00~11:30 ②13:30~14:00 ③15:00~15:30
 ○会場:龍谷ミュージアム1階 鳥取県観光PRブース前
 ※参加無料・各回先着40名(当日10:00より、会場内受付にて整理券を配付)・
  観覧券必要(観覧後の半券可)
 ※時間や回数は状況により若干変更する場合があります。

◆妖怪アートフリマ モノノケ市

妖怪アートフリマ モノノケ市

 ○日時:9月30日(日)11:00~17:00
 ○会場:龍谷ミュージアム101講義室

※モノノケ市は、妖怪藝術団体 百妖箱が主催する妖怪をテーマにしたアートフリマ(手作り市)です。日本全国の様々なジャンルの作家の方々が集まり、オリジナル妖怪グッズを販売します。市には作家の方々がアイディアとテクニックを凝らした良品珍品怪品が一斉に集まります。ぬいぐるみ、アクセサリー、日用雑貨、仮面、フィギュア、漫画など、妖怪というテーマは統一されていますが、グッズの種類は非常に多様です。妖怪が好きな方も、そうでない方も、是非お越しください。

※協力:妖怪藝術団体百妖箱(嵯峨美術大学)、京都一条妖怪ストリート(大将軍商店街振興組合)

<記念講演会・ワークショップ お申込み方法>

上記イベントには、事前申込みが必要です。
以下の申込みフォーム・往復はがき・FAX・ミュージアム受付での
直接申込みのいずれかでお申込みください。

◆申込みフォームからのお申込みの場合
以下の申込みフォームからお申込みください。

申込みはこちら

※申込みフォームからお申込みの場合は、送信アドレス宛に回答を返信させていただきます。
(龍谷ミュージアムからのメール(PCメール、×××@ad.ryukoku.ac.jpのドメイン指定など)が受信できる設定にしておいてください)

◆往復はがき・FAX・ミュージアム受付での直接申込みの場合
①希望する日とイベント名
 (ワークショップは希望する時間もご記入ください。)
②お名前(ふりがな)
③参加人数
④郵便番号・ご住所
⑤電話番号・FAX番号
をご明記の上、お申込みください。

<申込先>

〒600-8399 京都市下京区堀川通正面下る(西本願寺前)
龍谷ミュージアム宛
FAX番号:075-351-2577
※FAXでお申込みの場合は、送信FAX番号宛に回答を返信させて
いただきます。

シアター上映

ミュージアムの3階には、ミュージアムシアター(座席47席)を設置しています。
200インチのスクリーンで大迫力の映像をご覧ください。

※フルハイビジョン映像

ページトップ