TOP > 特別展

展示案内│特別展

第25代専如門主 伝灯奉告法要記念 特別展「浄土真宗と本願寺の名宝U」−守り伝える美とおしえ−

国宝「三十六人家集」37帖のうち『赤人集』
平安時代後期 西本願寺蔵

春季特別展
第25代専如門主 伝灯奉告法要記念
特別展「浄土真宗と本願寺の名宝U」−守り伝える美とおしえ−

江戸時代に活躍した第12代准如宗主以降の歴代宗主をご紹介するとともに、東北や北陸地方を含む各地の真宗美術や、
国宝「三十六人家集」、「類聚古集」などを展示します。

展示構成

第1章:本願寺歴代宗主 −親鸞聖人・蓮如宗主と、准如宗主から現代まで−
第2章:受け継がれる伝灯奉告法要 −記録と記憶、そして新たな思い−
第3章:本願寺と浄土真宗の法物 −法灯の継承−
第4章:本願寺と浄土真宗の名宝 −三十六人家集と都を彩る美−

会期

2017年3月4日(土) 〜 6月11日(日)

休館日:3月6日・21日・27日、4月24日、5月8日・22日、6月5日

開館時間

午前9時30分 〜 午後6時
※最終入館受付は午後5時30分まで

入館料

○一般        1,200(1,000)円
○高校・大学生      800(600)円
○小・中学生       400(300)円

※( )内は前売り、20名以上の団体料金
※小学生未満、障がい者手帳等の交付を受けている方および
 その介護者1名は無料


主催

龍谷大学 龍谷ミュージアム、浄土真宗本願寺派、本山 本願寺、読売新聞社


主な展示作品 

(準備中)

関連イベント

(準備中)

ページトップ