TOP > 特別展

展示案内│特別展

地獄絵ワンダーランド
「十王図」(部分)
江戸時代 日本民藝館蔵

 約2500年前、釈迦はこの世を生死輪廻(りんね)が繰り返される”迷い”の世界と見ました。日本では、平安時代に恵心僧都源信が『往生要集』を著したことを契機に、来世のイメージが形成され、地獄や六道の情景を表した美術が発展しました。
 本展は、日本の中世から現代にかけて描かれた地獄絵や、地獄をめぐる多彩な作品を通して、日本人が抱いてきた死生観・他界観の変遷と、その精神史を紹介するものです。とくに近世の作例の中には”たのしい地獄”と形容すべき、素朴でユーモアにあふれた魅力的な地獄絵もあります。本展ではこうした死への恐怖を超越した造形にも注目し、あらためて、日本人にとって「地獄」とはいかなる存在であったかを考えます。

展示構成

第1章:ようこそ地獄の世界へ
第2章:地獄の構成メンバー
第3章:ひろがる地獄のイメージ
第4章:地獄絵ワンダーランド
第5章:あこがれの浄土

会期

2017年9月23日(土・祝) 〜 11月12日(日)

休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)

開館時間

10:00 〜 17:00
※最終入館受付は16:30まで

入館料

○一般 1,200(1,000)円
○高校・大学生800(600)円
○小・中学生400(300)円

※( )内は20名以上の団体料金
※小学生未満、障がい者手帳等の交付を受けている方
 およびその介護者1名は無料


【前売り券取扱い】 8月1日(火)〜 9月22日(金)
ローソンチケット(Lコード:54783)、セブンチケット(店内マルチコピー機)、
近鉄電車主要駅、龍谷ミュージアム受付などで販売。

主催
龍谷大学 龍谷ミュージアム、産経新聞社、京都新聞、
NHK京都放送局、NHKプラネット近畿
特別協力
浄土真宗本願寺派、本山 本願寺

後援
京都府、京都市、京都府教育委員会、京都市教育委員会、
(公社)京都府観光連盟、(公社)京都市観光協会、KBS京都、エフエム京都
特別協賛
(公財)仏教伝道協会
協賛
日本写真印刷
制作協力
NHKプロモーション

主な展示作品  ※< >は展示期間

出品リストはこちら(準備中)


  • 十王図(部分) 江戸時代
    日本民藝館蔵 <9/23〜10/15>

  • 木造 十王坐像・葬頭河婆坐像・白鬼立像 木喰明満作 江戸時代
    兵庫・東光寺蔵 <9/23〜11/12>

  • 地獄極楽変相図 白隠筆 江戸時代
    静岡・清梵寺蔵 <9/23〜10/15>

  • 地蔵菩薩・閻魔・司命図 南北町時代
    愛知・地蔵寺蔵 <10/17〜11/12>

  • 閻魔・奪衣婆図 河鍋暁斎筆 明治時代
    林原美術館蔵 <10/17〜11/12>

  • 熊野観心十界曼荼羅 江戸時代
    <9/23〜10/15>

  • 『水木少年とのんのんばあの地獄めぐり』より「閻魔大王」
    ©水木プロダクション <9/23〜11/12>

関連イベント

◎「記念講演会」、「こどもワークショップ」、「スペシャルトーク」の参加には観覧券(既にご覧になった方はその半券)が必要です。
◎ギャラリートークの参加には当日の観覧券が必要です。(既にご覧になった観覧券の半券は不可)
※観覧券は当日会場でもご購入いただけます。

◆記念講演会「地獄絵ワンダーランドへの道」※事前申込み必要・聴講無料・先着100名

 ○日時:10月1日(日)13:30〜15:00
 ○会場:龍谷大学 大宮学舎清和館3階ホール
 ○講師:矢島 新 氏(跡見学園女子大学文学部教授)

◆プレミアムナイト企画「地獄絵 絵解き×音解き×美解き−今夜は地獄へ行かナイト
 ※事前申込み必要・先着100名

 ○日時:10月9日(月・祝)17:30〜20:30

・1st「地獄絵 絵解き」西山 克 氏(関西学院大学文学部教授)
・2nd「地獄絵 音解き」組曲六道 影絵付き演奏:ファンファーレ・ロマンギャルド
・3rd「地獄絵 美解き」特別展「地獄絵ワンダーランド」ナイト観覧

 ○会場:龍谷大学 大宮学舎本館講堂(重要文化財)
  ※大宮学舎本館にはエレベーターがございません。
 ○参加費:2,000円(観覧券付)※参加費は当日受け付けます。

★ファンファーレ・ロマンギャルド紹介
clarinet:瀬戸信行
tenor sax:登敬三
guitar:清野拓巳
drums:ワタンベ
ファンファーレ・ロマンギャルド
よろずクラリネット吹き瀬戸信行が森羅万象この世からあの世まで
喜怒哀楽を音に託した人力グルーヴ・オーケストラ!
オリジナルの「組曲 六道」は、六道輪廻と熊野観心十界図を
テーマにした音の一大絵巻。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/freylekh/

影絵映像:影絵人形劇団 蝸牛車
影絵人形劇団 蝸牛車 http://snail3car.wixsite.com/chisatoasano/kagyusha

◆こどもワークショップ「鬼の立体おめんを作ろう!」
※事前申込み必要〈10/10(火)まで〉・参加無料・先着20名

 ○日時:10月15日(日)13:30〜14:30
 ○会場:龍谷ミュージアム 101講義室
 ○対象:小学生(保護者同伴可)
 ○その他:準備物はありません。手ぶらでご参加ください。

◆スペシャルトーク ※事前申込み不要・聴講無料

 講義室で館長や学芸員が展覧会の見どころを解説!
 ○日時:10月7日(土)・11月11日(土)13:30〜14:15
 ○会場:龍谷ミュージアム 101講義室

◆ギャラリートーク ※事前申込み不要・聴講無料

 展示室で学芸員が作品を観覧しながら解説!
 ○日時:10月21日(土)・11月4日(土)13:30〜14:15
 ○集合:龍谷ミュージアム 101講義室
 ※ギャラリートークの参加には当日の観覧券が必要です。(既にご覧になった観覧券の半券は不可)

◆謎解きゲーム「地獄絵の暗号」

 ○日時:10月7日(土)・14日(土)、11月3日(金・祝)・4日(土)17:30〜
 ○会場:龍谷ミュージアム 展示室
 ○定員:各回100名
 ○予約・参加費・問い合わせ:クロネコキューブ(https://www.blackcats-cube.com

◆龍谷大学 学生サークル企画「龍大落研寄席」※事前申込み不要・鑑賞無料

 落語研究会による“オチない地獄”のおはなし
 ○日時:10月29日(日)13:30〜14:15
 ○会場:龍谷ミュージアム 地下エントランスホール

<記念講演会・プレミアムナイト企画・こどもワークショップ
のお申込み方法>

◆申込みフォームからのお申込みの場合
以下の申込みフォームからお申込みください。

申込みはこちら

※申込みフォームからお申込みの場合は、送信アドレス宛に回答を返信させていただきます。
(龍谷ミュージアムからのメール(PCメール、×××@ad.ryukoku.ac.jpのドメイン指定など)が受信できる設定にしておいてください)

◆往復はがき・FAX・ミュージアム受付での直接申込みの場合
@イベント名
Aお名前(ふりがな)
B参加人数
C郵便番号・ご住所
D電話番号・FAX番号
をご明記の上、お申込みください。

<申込先>

〒600-8399 京都市下京区堀川通正面下る(西本願寺前)
龍谷ミュージアムあて
FAX番号:075-351-2577
※FAXでお申込みの場合は、送信FAX番号宛に回答を返信させていただきます。

音声ガイド(日本語のみ)

音声ガイド(日本語のみ)

550円(龍谷大学学生特別割引300円*)

*龍谷大学学生は、音声ガイド貸出コーナーで学生証をご提示ください。

企画・制作:株式会社カセットミュージアム

ページトップ