TOP > 特別展

展示案内│特別展

地獄絵ワンダーランド
「十王図屏風」(部分)
江戸時代 日本民藝館蔵

 約2500年前、釈迦はこの世を生死輪廻(りんね)が繰り返される”迷い”の世界と見ました。日本では、平安時代に恵心僧都源信が『往生要集』を著したことを契機に、来世のイメージが形成され、地獄や六道の情景を表した美術が発展しました。
 本展は、日本の中世から近代にかけて描かれた地獄絵や、地獄をめぐる多彩な作品を紹介し、日本人が抱いてきた死生観・他界観の変遷と、その精神史を紹介するものです。とくに近世の作例の中には”たのしい地獄”と形容すべき、素朴でユーモアにあふれた魅力的な地獄絵もあります。本展ではこうした死への恐怖を超越した造形にも注目し、あらためて、日本人にとって「地獄」とはいかなる存在であったかを考えます。

展示構成

第1章:ようこそ地獄の世界へ
第2章:地獄の構成メンバー
第3章:ひろがる地獄のイメージ
第4章:地獄絵ワンダーランド
第5章:あこがれの極楽

会期

2017年9月23日(土・祝) 〜 11月12日(日)

休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)

開館時間

10:00 〜 17:00
※最終入館受付は16:30まで

入館料

○一般 1,200(1,000)円
○高校・大学生800(600)円
○小・中学生400(300)円

※( )内は前売り、20名以上の団体料金
※小学生未満、障がい者手帳等の交付を受けている方
 およびその介護者1名は無料


主催
龍谷大学 龍谷ミュージアム、産経新聞社、京都新聞、
NHK京都放送局、NHKプラネット近畿
特別協力
浄土真宗本願寺派、本山 本願寺

後援
京都府、京都市、京都府教育委員会、京都市教育委員会、
(公社)京都府観光連盟、(公社)京都市観光協会、KBS京都、エフエム京都
特別協賛
(公財)仏教伝道協会
協賛
日本写真印刷
制作協力
NHKプロモーション

主な展示作品  

出品リストはこちら(準備中)

関連イベント(準備中)

音声ガイド(準備中)

ページトップ