TOP > 特別展

展示案内│特別展

第25代専如門主 伝灯奉告法要記念 特別展「浄土真宗と本願寺の名宝U」−守り伝える美とおしえ−

国宝「三十六人家集」37帖のうち『赤人集』
平安時代後期 西本願寺蔵

 龍谷ミュージアムでは、第25代専如門主伝灯奉告法要(第5期〜10期)を記念して、浄土真宗本願寺派と本山本願寺が守り伝えてきた貴重な法物や華麗な王朝文化を彩る数多くの文化財で構成する特別展「浄土真宗と本願寺の名宝U−守り伝える美とおしえ−」を開催します。本展では、江戸時代に活躍した第12代准如宗主以降の歴代宗主をご紹介するとともに、東北や北陸を含む各地の真宗美術や、国宝「三十六人家集」(37帖のうち9帖、西本願寺蔵)、同「類聚古集」(16帖のうち6帖、龍谷大学図書館蔵)のほか、かつての法要の映像(昭和8年)や関連資料など約200件を展示します。

◆国宝「三十六人家集」を常時2帖ずつ展示
 展示スケジュール・展示内容(ページ)はコチラ(PDF) 

関連イベントのお申込みはこちら

展示構成

第1章:本願寺歴代宗主 −親鸞聖人・蓮如宗主と、准如宗主から現代まで−
第2章:受け継がれる伝灯奉告法要 −記録と記憶、そして新たな思い−
第3章:本願寺と浄土真宗の法物 −法灯の継承−
第4章:本願寺と浄土真宗の名宝 −三十六人家集と都を彩る美−

会期

2017年3月4日(土) 〜 6月11日(日)

休館日:3月6日・21日・27日、4月24日、5月8日・22日、6月5日

開館時間

午前9時30分 〜 午後6時
※最終入館受付は午後5時30分まで

入館料

○一般        1,200(1,000)円
○高校・大学生      800(600)円
○小・中学生       400(300)円

※( )内は前売り、20名以上の団体料金
※小学生未満、障がい者手帳等の交付を受けている方
 およびその介護者1名は無料


【前売り券取扱い】 2月1日(水)〜 3月3日(金)
ローソンチケット(Lコード:51404)、セブンチケット(店内マルチコピー機)、龍谷ミュージアム受付などで販売。

主催

龍谷大学 龍谷ミュージアム、浄土真宗本願寺派、本山 本願寺、読売新聞社


後援

京都府、京都市、京都府教育委員会、京都市教育委員会、(公社)京都府観光連盟、
(公社)京都市観光協会、 (公財)仏教伝道協会、京都商工会議所、(一社)京都経済同友会、
読売テレビ、KBS京都、エフエム京都

主な展示作品  ※< >は展示期間

出品リストはこちら


  • 国宝「安城御影 副本」 1幅
    室町時代(絹本着色)
    西本願寺蔵
    <5/24〜5/31 >

  • 国宝「三十六人家集」37帖のうち『能宣集 上』
    平安時代後期(彩箋墨書)
    西本願寺蔵
    <3/4〜4/2>

  • 国宝「三十六人家集」37帖のうち『赤人集』
    平安時代後期(彩箋墨書)
    西本願寺蔵
    <5/23〜6/11>

  • 木造 阿弥陀如来坐像 1軀
    鎌倉〜南北朝時代(彩色、玉眼)
    千葉・常敬寺蔵
    <画像提供:千葉県教育委員会>
    <3/4〜6/11>

  • 本願寺聖人親鸞伝絵 巻第四 4巻のうち1巻
    南北朝時代(紙本着色)
    長野・康樂寺蔵
    <3/4〜4/6>

  • 六字名号・四先徳像 1幅
    南北朝時代(絹本着色)
    大阪・專應寺蔵
    <5/9〜6/11>

  • 八字名号 1幅
    室町時代(絹本着色)
    福島・康善寺蔵
    <4/7〜5/7>

  • 刺繡 阿弥陀三尊図 1幅
    南北朝時代(絹本 刺繡)
    宮城・稱念寺
    <3/4〜4/6>

  • 重要文化財「洛中洛外図」(左隻) 6曲1双
    江戸時代(紙本金地着色)
    富山・勝興寺
    <4/18〜5/7>

関連イベント

記念講演会、ワークショップ、スペシャルトークへの参加には観覧券(すでにご覧になった方はその半券)が必要です。
観覧券は当日会場でもご購入いただけます。

○記念講演会(事前申込み必要) 聴講無料・先着100名

【日 時】

1)3月26日(日) 13:30〜15:00 「宗教と芸能―“物語り”の中に見る日本仏教―」
  釈 徹宗 氏(相愛大学人文学部教授/浄土真宗本願寺派如来寺住職)

2)4月9日(日) 13:30〜15:00 「明如上人と鏡如上人―大谷探検隊誕生秘話―」
  入澤 崇 氏(龍谷大学文学部教授/龍谷ミュージアム前館長)

3)4月23日(日) 13:30〜15:00 「本願寺三十六人家集―院政期の書と料紙―」
  松原 茂 氏(根津美術館学芸部長)

4)5月7日(日 )13:30〜15:00 「安城御影と真宗の聖徳太子像」
  天野 信治 氏(安城市歴史博物館学芸員)

5)5月21日(日) 13:30〜15:00 「幕末から近代の本願寺―広如宗主から鏡如宗主まで―」
  赤松 徹眞 氏(龍谷大学学長/本願寺史料研究所所長)

【会 場】 龍谷大学大宮学舎清和館3階ホール(全日程)

○ワークショップ(事前申込み必要) 先着各15名

「消しゴム仏はんこ」を作って仏教に触れてみよう!

【日 時】

5月20日(土)10:00〜12:00<小・中学生、その保護者対象>
“お手軽・カンタン” ちょっとやさしいはんこを作ります。
13:30〜15:30<一般対象>
“これに参加すればあなたもはんこ職人?” ちょっと難しいはんこを作ります。

【会 場】 龍谷ミュージアム 101講義室

【講 師】 麻田 弘潤 氏(消しゴムはんこ職人/浄土真宗本願寺派極楽寺住職)
     ※「消しゴムはんこ職人」って何者?

【参加料】 1名500円 ※申込みは5月15日(月)まで

【その他】

  • ・準備物はありません。手ぶらでご参加ください。
  • ・作った「消しゴム仏はんこ」は持ち帰ることができます。大切な人にプレゼントしてください。

《 記念講演会、ワークショップのお申込み方法 》

上記イベントには、事前申込みが必要です。

◆申込みフォームからのお申込みの場合
以下の申込みフォームからお申込みください。

申込みはこちら

※申込みフォームからお申込みの場合は、送信アドレス宛に回答を返信させていただきます。
(龍谷ミュージアムからのメール(PCメール、×××@ad.ryukoku.ac.jpのドメイン指定など)が受信できる設定にしておいてください)

◆往復はがき・FAX・ミュージアム受付での直接申込みの場合
@ 希望する日付 (ワークショップは時間も)
A 氏名(ふりがな)
B 参加人数
C 郵便番号・住所
D 電話番号・FAX番号
をご明記の上、お申込みください。

申込先

〒600-8399 京都市下京区堀川通正面下る(西本願寺前)
龍谷ミュージアムあて
FAX番号:075-351-2577
※FAXでお申込みの場合は、送信FAX番号宛に回答を返信させていただきます。

○スペシャルトーク(事前申込み不要) 聴講無料

展覧会の見どころを館長や学芸員が解説します。

【日 時】 4/8(土)・4/22(土)・5/6(土)・6/3(土) 13:30〜14:15
【会 場】 龍谷ミュージアム101講義室

○ミュージアムコンサート (事前申込み不要) 鑑賞無料

【日 時】 3/25(土)  16:30 〜 17:15  マンドリンオーケストラ
5/4(木・祝) 16:30 〜 17:15  邦楽部
【会 場】 龍谷ミュージアム B1エントランスホール

音声ガイド(日本語のみ)

音声ガイド(日本語のみ)

2F展示室前で貸出
550円(龍谷大学学生特別割引300円*)

*龍谷大学学生は、音声ガイド貸出コーナーで学生証をご提示ください。

企画・制作:株式会社カセットミュージアム

特別展 特設物品販売会場

特別展を記念して、3階展示室前に特設物品販売会場を設置します。
特別展図録など、展覧会に関連したグッズを販売します。

ページトップ