TOP > 特別展

展示案内│特別展

 今から2,500年ほど前、インドで育った一人の若き思想家が、この世の真理を悟りました。この青年の名前はガウタマ・シッダールタ。仏教の開祖である「お釈迦さん」その人です。我々は、この開祖について、どれだけのことを知っているでしょうか?
 本展では、開祖の人間としての姿を求め、その生涯の物語に焦点を当てます。彼が実際に生きた前5世紀頃のユーラシアの歴史を概観するとともに、彼の生涯を伝える経典や美術から、仏教の開祖として超人化・伝説化されていく様子を紹介します。2,500年前に若き思想家が紡いだ言葉は、「仏教」となって現代にまで伝えられました。人生の苦しみと真摯に向き合ったシッダールタという「人間」を思い描きながら改めて仏教に触れることで、我々も現代の多様な課題と向き合うヒントを得られるのではないでしょうか。

展示構成

第1章:
お釈迦さんの時代
前5世紀頃のユーラシアの歴史を、各地の出土品から紹介します。
第2章:
お釈迦さんの生涯
さまざまな地域で制作された経典や仏伝図から、開祖の生涯をたどっていきます。
第3章:
お釈迦さんを追慕する
生涯にまつわる身近な儀礼とその本尊から、開祖を追慕する仏教徒の思いを紹介します。
第4章:
お釈迦さんの遺骨
開祖の遺骨、すなわち舎利に対するさまざまな信仰のあり方に焦点を当てます。

会期

2018年4月21日(土) ~ 6月17日(日)

休館日:月曜日(ただし、4月30日は開館)

開館時間

午前10時~午後5時
※最終入館受付は午後4時30分まで

入館料

○一般 1,200(1,000)円
○高校・大学生800(600)円
○小・中学生400(300)円

※( )内は前売り、20名以上の団体料金
※小学生未満、障がい者手帳等の交付を受けている方
 およびその介護者1名は無料


主催
龍谷大学 龍谷ミュージアム、京都新聞、日本経済新聞社
特別協力
浄土真宗本願寺派、本山 本願寺

後援
京都府、京都市、京都府教育委員会、京都市教育委員会、
(公社)京都府観光連盟、(公社)京都市観光協会、NHK京都放送局、KBS京都、
エフエム京都
協賛
(公財)仏教伝道協会
ページトップ