TOP > 施設の紹介

龍谷ミュージアムとは│施設の紹介

龍谷ミュージアムとは│施設の紹介
  • 街に開かれたミュージアム
  • 街に開かれたミュージアム

街に開かれたミュージアム

  • 龍谷ミュージアムは、世界文化遺産である西本願寺の正面に位置し、歴史ある街並みと調和のとれた端正な外観が特徴です。
    施設は、地下1階、地上3階建てで、約1,000uの展示室と約500uの収蔵庫を備えており、平常展では、仏教の起源から現代の仏教までを外観できる展示をしています。
  • ミュージアムの正面となる堀川通の外壁には、約4,000本のセラミックルーバーによる簾を設け、京都らしいデザインとすると同時に、外壁を太陽光から守り、館内温度の上昇を抑える省エネ機能を備えた造りになっています。
  • 街に開かれたミュージアムを表現するため、堀川通側1階は全面ガラス張りで歩道側からの圧迫感を軽減することができ、入館しやすい環境です。
    また、敷地内に堀川通と油小路通を東西につなぐ通り抜け路地を設け、路地空間と中庭は心地よい風が通り抜けるオープンスペースとして、来館者や地域の人々の憩いの場として開放します。油小路通側は3層の構成とし、周囲の民家の軒先の高さやスケールに合わせ、街並みに溶け込むようなデザインとしました。
  • 1階入口の門扉やセラミックルーバーによる外壁簾は、西本願寺所蔵の「西本願寺本三十六人家集 素性集」の台紙に描かれた波模様をモチーフとしています。
  • ※西本願寺本三十六人家集 素性集
    「西本願寺本三十六人家集」は、三十六歌仙の和歌を集めた平安時代末期の装飾写本である。三十六家集のまとまった写本としては最古のもので、国宝にも指定されている。
    <京都市・西本願寺(浄土真宗本願寺派)の所蔵>
門扉外壁簾

フロア案内

●地下1階
エントランスホールは吹き抜けで天井が高く、1階のガラス面と、イロハモミジと景石を配した中庭からも四季折々の光が差し込み、明るく開放的でミュージアムへのいざないを演出する空間となっています。

●1階
1階には多目的室を設置し、公開講座や地域の歴史を紹介する企画などを開催すると同時に、同階のカフェ・ショップではくつろぎの空間を演出し、来館者の知的好奇心を刺激する書籍やグッズ等の販売や、軽食・飲物を提供します。

●2階
2階展示室では、平常展時にはアジアの仏教を紹介する展示をしています。また、高さ3.5m、長さ約15mのベゼクリク石窟寺院の大回廊を原寸大で復元展示しているコーナーがあります。

●3階
3階展示室では、平常展時には日本の仏教を紹介する展示をしています。また、フルハイビジョンの4倍を超える超高精細な映像美が楽しめるミュージアムシアターを設置しています。

フロア案内
  • ユニバーサルデザイン
  • ユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザイン

  • 高齢者の方々が安心して利用できるよう、バリアフリーに十分配慮しています。また、装備の充実だけでなく、使いやすさを追求したデザインとしています。

建築概要

設計:
(株)日建設計
施工: (株)浅沼組
敷地面積: 1,671.69m2
建築場所: 京都市下京区西中筋通正面下る丸屋町117番地
地域地区: 防火地域・準防火地域
防火地域: 商業地域・近隣商業地域
高度地区: 15m第4種高度地区(商業地域)
15m第3種高度地区(近隣商業地域)
その他区域: 史遺産型美観地区(本願寺・東寺界わい景観整備地区)
近景デザイン保全地区
遠景デザイン保全地区(清水・慈照寺・大文字山からの市街地)
埋蔵文化財包蔵地区
建築面積: 1,345.26m2(建坪率80,48%)
延床面積: 4,441.93m2(容積率265,72%)
階数: 地上3階地下1階
構造: 鉄筋コンクリート造 一部鉄骨コンクリート造及び鉄骨造
地業: 直接基礎(ベタ基礎)
高さ: 軒高さ12.8m 最高の高さ14.8m
電気設備: 高圧6.6KV 一回線受電
非常用ディーゼル発電機
空調設備: 熱源 空冷ヒートポンプチラー・パッケージエアコン
空調方式 全空気単式ーダクト方式・パッケージエアコン
衛生設備: 受水槽一部+加圧給水ポンプ方式
ページトップ